bit

スキー・スノボウェアの最近の傾向って?

先日、久々にスキーに行くという友人がふとつぶやいた。
「今持っているウェアが、果たしてゲレンデでどれだけ時代遅れなのか、さっぱりわからない」
ちなみに私は年に数回雪山に行くものの、ウェアはすでに5~6年前のものだ。

確かにゲレンデでは、「それ、いつの!?」みたいな年代モノのウェア姿の人もたまに見かける。でもそれは、80年代風のド派手なカラーリング&ピチピチなウェアとか、モコモコのフードが付いたフェミニンなタイプとか、すごくわかりやすい。だから、友人のセリフも「大丈夫だよー」なんて軽く流したけど、待てよ? 

いまや30代の私、気づいていないだけで10代・20代の人から見たら、かなり古臭いウェアを着ていたりして……。だとしたらツライ。

そこで最近のウェアのトレンドについて、スキー用品などを販売するアルペンの広報の方に聞いてみた。
「最も変わったのが、カラー傾向です。数年前は無地の黒や茶色が主流でしたが、今はプリント柄やチェック柄が主流。“ジャケットはプリント柄&パンツは無地”の組み合わせ、またはその逆がトレンドです。全体的にカラフルで派手め、ゲレンデで目立つウェアに人気が集まっていますね」
なんと! レトロなイメージを(勝手に)抱いていた派手カラーがむしろトレンドなんて……。さらにシルエットも、
「スキー・スノーボードウェアとも、ルーズなものからジャストサイズに変化しつつあります。特に、ストレッチ素材を積極的に使っているスキーウェアはその傾向が強いですね」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク