もうすぐ新年度。4月になると電車や街中にはいっせいに新社会人が現れる。本人たちはあまり意識していないかもしれないが、独特の初々しさがあり、はたから見ると新社会人かどうかは結構わかってしまうもの。髪やヒゲの手入れもバッチリだし、服装もカッチリ。疲れた感もなく元気だ。

私の周りの会社員を見ても、入社当時とは身だしなみが変化した人が多い。スーツの着こなしもこなれてくるし、男性はヒゲを生やしはじめた人も少なくない。なかには、「入社当時より会社のドレスコードが厳しくなって、服装はむしろカッチリになった」なんて人もいるけど。

実際のところ、新社会人はどのくらい身だしなみに気を配るべきなのか? 先ごろ、剃刀メーカーのシック・ジャパン株式会社が、今年の新社会人となる男子学生、そして新社会人を採用する側である企業の管理職社員(40代~50代/男女)を対象に、「新社会人の身だしなみ」に関するアンケートをおこなった。

それによれば、84%の管理職が「新入社員がヒゲを生やすのは好ましくない」と回答。ただし、これは新入社員に限った話。部下のヒゲには意外に寛容で、「生やすのはダメ」と答えたのは25.5%のみ。「似合っていれば良い」「清潔感があれば良い」「仕事に差し障りがなければよい」など、半分近くの管理職が好意的にみている。ちなみに男性より女性の管理職のほうが容認する傾向にある。

この結果にヒゲ好きの新社会人も安心するかと思いきや、アンケートでは意外な結果が出た。新社会人の約4割が、「ビジネスマンにヒゲはふさわしくない」と考えており、実に47.5%の人が「例え周囲の状況が許したとしてもヒゲを生やしたくない」と回答しているのだ。現代の世相を反映して慎重になっているのか、単なる好みの問題か。