bit

「ブックカバーお願いします」、言ってますか?

最近、本屋さんでブックカバーを希望しない人が増えてきているそうだ。
読書の秋が過ぎた今、実際どうなのか本屋さんに聞いてみた。

「本不況、本が売れないというのももちろんありますが、今は本を買っても“そのままで”と言う人が増えてますね」
と、全国チェーン展開している本屋さんは口を揃える。
「駅の近くにある本屋ではブックカバー率が高いそうです。電車の中で読むためでしょうね。ただしそれも以前に比べると減ってきています」

昔は本を汚したくない、本を傷つけないためなど、本を守るためにブックカバーをつける人が多かったそう。
しかし現代は本は貯蔵するよりも読み捨て、すぐに売るという声が多い。そこでブックカバーなど面倒なものはつけず、購入していく人が増えたのではないかと書店員さんは言う。
それに最近はネット通販で本を買う人が多いせいもあるだろう。ブックカバー無しで送られてくるため、そのまま持ち歩く人が増えてきているのだ。

ブックカバーをつけない人にその理由を聞いてみると、「どうせ捨てる」「カバーをつけるとどの本がどれかわからなくなる」「そもそも文庫、新書にはカバーがついているのに、その上からさらにカバーをするのは潔癖過ぎる」とさまざまな意見。

そんなブックカバー離れ甚だしい現代にあって、ほとんどのお客さんがブックカバーを希望する書店があるという。それが関東を中心に展開している本屋、有隣堂さん。
こちらのブックカバー率が高い秘密とは、色を選べる「文庫カラーカバー」サービスのおかげ。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク