光が強い屋外での撮影のとき、カメラのレンズに遮光フードを取り付ける。これは常識。だが、基本的に屋内使用のパソコンモニターに遮光フードを取り付けるとはこれ如何に?
この素朴な疑問に答えはあるのだろうか。液晶モニターメーカーの老舗、ナナオに聞いてみた。

まず基本的なこと。遮光フードはどのモニターに取り付け可能なのか。
「当社のEIZO液晶モニター専用の場合だと、ワイド画面用として21.1型、22型、24.1型、スクエア画面用として19型、20.1型、21.3型に対応しています」
他のモニターメーカーからも純正オプションとして遮光フードを提供しており、また、サードパーティーからも汎用品が販売されている。もっと少ないと思ったが、探せば意外にあるものだ。さらに、ナナオの遮光フードは外付けモニター用だけだが、サードパーティーの中にはノートPC用も存在する。

では、肝心の遮光フード装着の有無による画像の見え方のちがいは?
「照明などの外光反射がある場合、一般的に画面表示が白っぽく見え、コントラスト感が減少します。また、色が薄くなって見えることがあります」
色の再現性・表示が重要なグラフィックスの現場において、遮光フードが多用されているのはこれが理由なのだという。たとえ、室内の照明でも画面表示に影響を与えてしまうわけだ。

ただ、これはあくまでプロの現場での話。一般ユーザーが遮光フードを必要とするケースはあるのだろうか。