review

脱ぐのはヒロインだけではない。取材という名のストーキング映画「making of LOVE」

脱ぐのはヒロインだけではない。取材という名のストーキング映画「making of LOVE」
「making of LOVE」は、9月10日までポレポレ東中野で隔日上映中です。午後9時10分からのレイトショーのみ。9月9日までの隔日は、いまおかしんじ監督の「ゴーストキス」を上映。
古澤健、いまおかしんじという気鋭の映画監督らによる「青春H」シリーズが始まった。その第1弾が「オトシモノ」(2006)、「トワイライトシンドローム デッドクルーズ」(2008)で知られる古澤健の新作「making of LOVE」だ。

この作品は、古澤健自身が演じるふるさわたけし監督が、実際に映画を撮影している姿を追った疑似ドキュメンタリー形式で進行していく。街なかでビデオカメラを片手にロケをしていた古澤は、通りかかったある少女に心を惹かれる。その少女ゆかり(藤代さや)は、見かけるたびに違う男と歩いていた。そのうえ、ゆかり自身もビデオカメラを片手に男との行動を記録し続けていたのだ。取材という名のストーキング行為で彼女の実像に迫ろうとするふるさわだが、彼女と寝た男はすべて記憶を失っているなど、奇妙な事実が明らかになっていく。それでも執拗にゆかりを追い続けるふるさわは、次第に常軌を逸していき、やがて衝撃の事実を目にするのだった……。

ヒロインゆかりを演じた藤代さやがとにかく素晴らしい。謎を秘めた横顔と瑞々しい笑顔がころころと切り替わる様は、ふるさわ以上に観客をも虜にさせる魅力に満ちている。彼女は本作が映画デビューということだが、かなりの逸材であることがうかがえる。中盤のベッドシーンではボーイフレンドを相手に、見事な脱ぎっぷりを見せてくれる。

そして、脱ぐのはヒロインだけではない。監督のふるさわもまた、知人から「ポール・バーホーベン(「ロボコップ」などの監督)は俳優たちを脱がせるために自分も率先して脱いだ」という逸話を聞かされるやいなや、全裸で映画を撮りはじめたりするのだ。この映画では誰もそんなこと望んでいないのに! 女は男を狂わせる、とはよく言われることだが、それを見事に映像化した名場面と言えるだろう。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2010年9月1日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース