bit

徳川家から表彰も!? 第1回「岡崎 家康公検定」を受けました

徳川家から表彰も!? 第1回「岡崎 家康公検定」を受けました
70点以上で合格証が手に入る!
問題:慶長8年(1603年)、後の徳川ご三家のひとつ、水戸徳川家の初代・頼房が生まれましたが、長男の信康からこの頼房まで、家康公には何人の男の子がいたでしょうか?
(1)3人 (2)9人 (3)11人 (4)16人

マークシートを前に鉛筆を持つ手を止めたのは私だけであろうか……。

これは、今年の9月26日に行われた第1回「岡崎 家康公検定」からの一問。愛知県岡崎市の観光振興の一環として開かれた、いわゆるご当地検定だ。その開催を知り、私も個人的に受験することに。

かつては全国的に盛り上がっていたご当地検定ブームも、気づけばすでに下火。 そんな中、新たなご当地検定を企画した主催者側には苦労もあったそう。

「どうやったら魅力ある検定になるだろうか、というのが課題でした。岡崎が生んだ偉人、徳川家康に焦点を絞ることで歴史的な興味を引くように工夫しました」(岡崎市役所観光課)

その狙い通り、北は福島、南は熊本まで、全国から700名を越える人が、第1回「岡崎 家康公検定」を受験。当日は岡崎市内の試験会場で、緊張と興奮の中、鉛筆を走らせた。

出題された全100問は、人質生活や家族との別れなど、波瀾万丈の家康の生い立ちにまつわるものが多く、市販の伝記マンガなどを読めば大半はフォロー可能。しかし、中には先程紹介したような、“コア”な問題も存在し、そう簡単には満点獲得できない。

「今回の満点合格者三名には、問題を監修した徳川記念財団・徳川恒孝氏から特別表彰が与えられました」

あわせて読みたい

  • おサルや遊具が見守り続けるお城がある

    おサルや遊具が見守り続けるお城がある

  • 歴史ファンも納得! 『歴史人物かるた』で遊ぶ

    歴史ファンも納得! 『歴史人物かるた』で遊ぶ

  • コネタの記事をもっと見る 2010年12月14日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース