review

狭い視界に手に汗握る! キャメロン総指揮の洞窟映画「サンクタム」

狭い視界に手に汗握る! キャメロン総指揮の洞窟映画「サンクタム」
「サンクタム」製作総指揮:ジェームズ・キャメロン、監督:アリスター・グリアソン。9月16日(金)より全国ロードショー。入場時に3Dゴーグルだけじゃなく、シュノーケルも配ってくれるとさらに息苦しくていいね。いいことあるか!
3D映画っていうと、ジョーズに噛みちぎられたおっさんの足がプカプカ~と画面手前側にただよってきたり、本筋とは関係なく登場人物が洗濯物を干していて物干竿がビヨ~ンと客席の方に突き出されたり、とにかく「いつもより余計に飛び出してます!」的な、わざとらしいものが多かった。それはそれで嫌いじゃないが、技術の進化がおかしな方へ向かっているのも確かだ。

そうしたトンチンカンを大胆に蹴散らしたのが、ジェームズ・キャメロン監督による2009年公開の超大作「アバター」だった。この作品は、3D技術を「何かを飛び出させる」ためではなく、「架空の世界が実在の空間であると感じさせる」ために使っていた。それはちょっとした発明に近いものだ。
実際、「アバター」を劇場で3Dゴーグル装着して観たひとならわかると思うけど、あの没入感はちょっとこれまでにない体験だったよねー。不思議な生物がみんな目の前で生きていたよねー。先住民のナヴィは超青かったよねー。さすがはキャメロン。エンターテインメントのために4回も女房を変えてきただけのことはある!

そんなジェームズ・キャメロンが製作総指揮をつとめ、新鋭のアリスター・グリアソンを監督に起用しての3D映画がやって来た。その名も「サンクタム」! えーと、〈聖域〉って意味だそうだよ。

パプア・ニューギニアの奥地、人類が容易には足を踏み入れることのできない聖域に、腕利きの探検家と地質学者が集まっていた。彼らの目的は、ジャングルの底にひろがる大洞窟「エスペリト・エサーラ」の全貌を解き明かすこと。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2011年9月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。