review

28人のプリキュアがひとりの女の子を〈映画「プリキュアASNS」インタビュー 梅澤プロデューサー編〉

ーー「NewStage」には「プリキュアオールスターズDX1」にも登場した敵、フュージョンがもう一度登場していますね。オープニングでプリキュアに倒されたあと散らばっていった。そのかけらがフーちゃんとしてあゆみと行動を共にする。今回、フュージョンを出したのはなぜ?
梅澤 「DX1」のフュージョンは、攻撃をすべて吸い込んでどんどん巨大化していく敵でした。どんなものでも飲み込むような敵にかなうわけがない。「DX1」では友情や絆の力で打ち破ったんですけど、二度と同じ手は使えないんです。大きな力にはより大きな力で対抗するということになるのはよくない。そういった力に打ち勝つのは愛しかないんです。
ーーフュージョンのかけら、フーちゃんは、あゆみが何気なく言った「全部消えちゃえばいいのに」という発言で、世界を消し去ろうとしてしまいます。
梅澤 そうですね。フーちゃんはほんとうに純粋な存在で、それも幼稚園の子どもたちの一部を反映しているところもあります。純粋なのでなんでも飲み込んでしまう。あゆみの思いも飲み込んでしまった。それに対して、違う! と止められるのはプリキュアではない。だからキュアエコーが必要なんです。

しゃべることだけが存在感を表すことではない

ーー「DX」シリーズはそれまで「キラキラkawaii! プリキュア大集合♪」をアレンジして毎回使用していました。今回は楽曲もリニューアルして、工藤真由さんが歌う...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2012年3月23日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース