review

つくろう、おもしろい国日本。秩序なんてぶっ壊せ『電波教師』

つくろう、おもしろい国日本。秩序なんてぶっ壊せ『電波教師』
『電波教師』東毅/小学館<br />やりたいことしかしない筋金入りのオタク引きこもりが、先生に。でも熱血じゃないし適当だ! ただし、この教師「面白い」。「電波教師」は常識をひっくり返す授業で、生徒の個性を引き出す痛快作品。さあつくろう、おもしろい日本
昔はね。
熱血で力強くて生徒のために涙を流して突進してくれる頼れる先生像がかっこよかったわけですよ。
でも今はね。
ぶっちゃけ暑苦しいかもしれないですね。アチャー。
時代が変わったといえばそうなのかもしれませんが、それが残念とか哀しいとかじゃなくてね。
もちろん今でも「鈴木先生」のような熱血漢(実質ちょっとズレてるところありますが)は見ていて楽しいものですが、スクールウォーズや金八先生ばかりが理想的、とはいえない、そんな時代。
先生は大変だね。

『電波教師』は、真面目で熱血な先生像を全部ぶっ壊したところからはじまっています。
主人公の教師鑑純一郎は、筋金入りのオタク。実は科学の天才なのですが、今は家に引きこもってアニメブログを更新するのが趣味。部屋の中はフィギュアだらけ、仕事は一切しないという、家族からしたら困ったちゃんです。実際妹は「そんなオタクサイト更新しているヒマあったら働け」と言い放ちます。
まあね、うん。サイト更新が悪いんじゃなくて、働かないのは困るよね。
しかし彼は言います。
「妹よ、あには『YD』という病のせいで働けないのだ。『やりたいことしか(Y)できない(D)病』という恐ろしい不治の病で……」
知らんがな!
 
そんな彼が教員になって、当然やる気など起きるわけもなく。真面目に働かないわけですよ。
しかし彼の『YD』は逆をかえせば「やりたいことならなんでもやる」というわけです。
彼は「先生」の仕事はしようとしません。やりたくないから。めんどくさいから。...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

レビューの記事をもっと見る 2012年4月2日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース