review

本日スタート月9ドラマ、大野智主演『鍵のかかった部屋』の期待度は?

本日スタート月9ドラマ、大野智主演『鍵のかかった部屋』の期待度は?
『鍵のかかった部屋』貴志祐介/角川書店
春の新ドラマ、放映前に読んでもらいたい原作情報シリーズ第2弾。
本日16日の夜9時から始まるCX系ドラマ「鍵のかかった部屋」は、貴志祐介の同名作品が原作である。嵐のリーダー、大野智が主演するということで大きな話題になっている。
ご存じのとおり、いわゆる〈月9〉枠で本格的な謎解きのミステリーが放映されることはたいへん珍しい。おそらく原作のファンは、どのようなアレンジが施されているか、気になっていることはずだ。そういう方には一言だけお伝えしておけば十分だろう。
たぶん、謎解き部分で失望することはないと思います。
なのでどうぞ安心を。ドラマ化された際にテレビ画面の前で愕然としてしまったあの作品とかあの作品みたいな(特に名を秘す)ことにはならないはずである。以上、原作ファンのケア、おしまい。

このあとは、そんなにミステリーには関心がないけど、話題作だから観てみようかな、という方のために書くことにする。
今回ドラマ化されるのは、榎本径と青砥純子のペアが活躍するミステリー・シリーズで、これまで硝子のハンマー』『狐火の家』『鍵のかかった部屋』の3作が刊行されている。最初の1作は長篇、あとの2作は短篇集だ。原作の榎本径は、新宿区でセキュリティ・ショップを開き、防犯コンサルタントを名乗っている人物として登場する。ドラマでは戸田恵梨香が演じる、ヒロインの青砥純子の職業は弁護士だ。彼女の『硝子のハンマー』で彼と初めて会う。ある人物の容疑を晴らすために、榎本の防犯についての知識が必要になったからだ。彼女は初対面のとき「色白で、繊細な感じのする細面」の榎本を見て「三十代の半ばくらいか」と考えている。風貌についてはそれ以上の描写がなく、この第一印象が正しいかどうかはよくわからない。大野智演じるドラマ版の榎本は黒縁のメガネをかけているが、メガネについての言及は原作にはないのである。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年4月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。