review

あるあるがとまらない!『野球部あるある』『吹奏楽部あるある』あるあるインタビュー前編

       
以前レビューでも紹介した「野球部って、バカだよなぁ」を楽しむ『野球部あるある』(以下『あるある1』)。大好評を受け、第二弾『野球部あるある2』(以下『あるある2』)がこのほど刊行されました。しかも『吹奏楽部あるある』という弟分まで引っさげて。そんな2つの“部活動あるある”が生まれた経緯と読みどころを、『野球部あるある』シリーズの著者にして『吹奏楽部あるある』の編集担当・白夜書房の菊地選手と、『吹奏楽部あるある』著者・吹奏楽部あるある研究会のオザワ部長のお二人にお聞きしました。


【野球に関する本はたくさんあるけど「野球部の本」ってほとんどない】
─── 菊地選手自身は高校時代まで野球部?

菊地 はい。中学ではキャッチャーだったんですが、高校である時監督から「おまえ外野できるか?」って言われたんです。やったことなかったんですけど「できます!」と答えて突然レフトを守ることになり、そこからは外野手でしたね。『あるある2』に書いた<やったことのないポジションを「できるか?」と聞かれて「できない」と言えない>はここから来ています。

─── この本の企画のキッカケは菊地選手のそういった体験から?

菊地 甲子園予選の取材でスタンドにいたら、応援団の中に調子に乗ってる野球部OBがいたんです。応援団をからかったり、プレーしている後輩を野次ったり。それを見たときに「あぁ、俺もこういう嫌な先輩だったなぁ」と思って、<野球部あるある>というタイトルでツイートしたんですね。そんな感じで、その日だけで10個くらいの<あるある>をつぶやいたんです。それをたまたま見ていた僕の先輩から「一日1個、365個つぶやいてみなよ」って言われて、「さすがにそんなにたくさん<あるある>はないよ」と思いつつ、つぶやき続けてみたんです。そしたらそのうち反応が来るようになりまして、数も気付けば365も突破して400以上つぶやいていて、それに比例するようにフォロワーさんも増えていきまして。「書籍化してください」みたいな声まで頂くようになり、「これ、もしかしたらいけるのかも」と思って企画書を出したのが始まりですね。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年5月14日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。