review

美しいということばは、ぼくのためにあるんだなあ。スネ夫リア充エピソード7選

6月の「ジャイアンフェア」で“キャラクター押し企画”を成功させた藤子・F・不二雄ミュージアム。7月からの夏休み期間はあの男が主役になります。永遠の腰巾着、主役にはなれない男・骨川スネ夫フューチャー企画『ハワイフェア~スネ夫の夏休み~』が7月1日から開催中です。
(余談ですが、公式サイトに描かれているしずかちゃんのバニー姿がなんだかエロいです!)

「海といえはやっぱりワイキキビーチだよね」と常々自慢し、ハワイ好きを公言するスネ夫が盛り上げる南国リゾート気分。併設する「ショップ」や「カフェ」では、ハワイテイスト満載の新商品もゾクゾク登場しているので、忙しくてハワイになんか行けない大人にこそピッタリ!……って、思い切ったなぁ、藤子・F・不二雄ミュージアム。スネ夫が主役かぁ。のび太、ドラえもんは言わずもがな。映画で活躍するジャイアンやヒロイン・しずかちゃんが好きって声はよく聞きますが、スネ夫ファンって正直聞いたことありません。そこで、今一度「スネ夫視点」でコミックスを見直すと、影が薄いどころか憎らしいほどのリア充っぷりがうかがえます。骨川スネ夫とは何者なのか? がわかる数々のリア充エピソードをおさらいしてみましょう。


【リア充エピソード(1)お金持ちの息子・スネ夫】
「(鯉にえさをやりながら)どう、よくなれているでしょう。ぼくがくんれんしたんだ。さかなもなれると、かわいいよ。きみたちもかってみな。あっ! ごめんごめん。わるいこといって。このへんで、にわに池があるのは、うちだけだった。」(
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク