review

さらば、石原慎太郎『文学賞メッタ斬り! ファイナル』

「メッタ斬り」といえば大森望・豊崎由美(ザキは、本当はつくりの上が「立」)。
そういう共通認識ができあがって久しい。私の手元にはこんな(別欄写真参照)同人誌まである。パロディ本が作られるまでになったんだなー。
その〈メッタ斬り〉シリーズも、今回の『文学賞メッタ斬り! ファイナル』で最後ということなのである。「えー、終わっちゃうんだ、残念ー」という大勢の意見と「あー、やっと終わってくれるのか、やれやれ」という少数派の意見を私の妄想電波塔はキャッチしたような気がする。後者は主に某大手出版関係者ね。
シリーズ第一作の『文学賞メッタ斬り!』はPARCO出版から2004年に刊行された(現在はちくま文庫)。第1章は「純文学新人賞の最高峰は本当に芥川賞なのか?」と題され、末尾に「文学賞の心得【一】」として「芥川賞は、目利きじゃない。村上春樹も島田雅彦も高橋源一郎も逃している」と書かれている。第2章は「エンターテインメント対決! 直木賞VS山本賞」。末尾の「文学賞の心得【二】」は「直木賞は、賞を与えるタイミングを間違えている」である。第3章の題名は「文芸誌主催の新人賞、えらいのはどれ?」。このへんで最近の読者はあれ? と思われているかもしれないが、そうなのである。今でこそ芥川・直木賞に特化したイメージがある『メッタ斬り!』だが、最初は「小説好きによる小説好きのための小説賞ガイド」として、あまたある小説対象の文学賞をなべて批評するガイドとして始められたものだったのだ。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月13日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。