review

9.1特番放映「踊る大捜査線」いかりや長介の名言でたどるシリーズ全軌跡……なんてな

「俺だけはな、おまえの味方だから」(第8話)
警視庁上層部の意向により、湾岸署管内の事件でもプロファイリングによる捜査が導入された。機械を駆使したりデータを至上とする捜査に対し、足を使っての捜査に執着する和久は強く反発する。その後、彼が独自の捜査で目星をつけた久保田という男(石塚英彦)を青島が署まで連行し取り調べを行なうのだが、その強引なやり方に相手が激高、暴れ出す。このときとっさに和久はこのセリフで久保田をなだめる。
一方、プロファイリングチームはデータから渋谷という別の男(岡安泰樹)を割り出し、取り調べを行なう。しかし渋谷はウソ発見器を使った執拗な取り調べにたまりかね、暴れ始める。ここで青島は彼をなだめるため、さっきの和久のセリフを真似するのだった。和久の、どんな相手でも人間として扱うという信条が、青島に引き継がれた瞬間である。

「これ、傷害で立件するかい?」(第9話)
夫による妻殺害事件で、トラブルの原因である夫の愛人を保護することになった湾岸署の刑事たち。終盤、この事件がらみで青島が殺されかける。本話では和久の名言らしい名言がなかなか出てこないのだが、しいてあげるなら事件解決後のこのセリフを。青島を刺した男(阿部サダヲ)の処置についての質問で、結局事情を汲んで立件は見送ることとなる。

「ああいう男は利用するのはいいけど、一線を越えちゃなんねえ」(第10話)
六本木のカジノのオーナー“もぐら”(真木蔵人)に、八王子警察官殺害事件に関する情報を提供するため条件を提示された青島。あきらかに法律に反する条件ながら、和久のやり残した事件解決のために苦渋の決断を迫られる。しかし署に帰った青島からこのことを打ち明けられた和久は、「だめだ。そんな条件飲むな」とぴしゃり、続けてこのセリフを口にする。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「名言 + 漫画」のおすすめ記事

「名言 + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

「名言 + アニメ」のおすすめ記事

「名言 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年8月31日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 名言 アニメ
  2. 名言 漫画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。