いよいよ11月10日(土)から公開されるアニメ映画「ねらわれた学園」
特集の第2回は、中村亮介監督インタビューの前編です。2008年にTV放送された監督デビュー作「魍魎の匣」でも、京極夏彦の人気小説を、妖しくも美しい映像のアニメーションへ生まれ変わらせた中村監督。初めて劇場アニメの監督を務めた今作ではみずから脚本も務め、1973年刊行のSFジュブナイルの名作を、現代に生まれ変わらせました。
(第1回の渡辺麻友さんインタビューはこちら

――初の劇場アニメ監督作品、公開間近ですが、今のお気持ちは?
中村 作品って、観られるまでは作り手のものだけど、観た後は観た人のものだと思っているんです。だから、受け手の皆さんにどういう風に観られるのか、すごいドキドキしていて。本当に緊張しますね。楽しんで頂けたら一番というか、それに尽きるんですけど。「ねらわれた学園」はきっと、観た方によって感じ方も違えば、解釈も違う、楽しんだポイントも違う、文学的な作品だろうと思うんです。ひと通りの解釈や説明に、わざと限定していない部分もあって。いわば行間を広くとってある。だからすべての方に、その人なりの違う楽しみ方で、映画館での時間をすごしてもらえたなら、一番嬉しいですね。
――私は、先日の試写で拝見して、非常に楽しませて頂きました。
中村 ありがとうございます。
――そもそも、どのような経緯で、「ねらわれた学園」という作品をアニメ化し、その監督を務めることになったのでしょうか?

この記事の画像

「名作の舞台を現代に置き換えると「超能力」とは何なのか。「ねらわれた学園」中村亮介監督に聞く1」の画像1 「名作の舞台を現代に置き換えると「超能力」とは何なのか。「ねらわれた学園」中村亮介監督に聞く1」の画像2