review

堺雅人を虚無のどん底に突き落とす「その夜の侍」赤堀雅秋監督に聞く1

赤堀 でも、僕、日常でもそういう表層的なの、いやですけどね(笑)。
ーー共感します(笑)。
赤堀 なんかこういう話するのもなんですけど(笑)、こういうインタビューで、
すごいルーチィンな感じに「堺雅人さんの微笑み、今回封印ですか?」っていうような質問をされると、いっさい答えたくないなって強く思うんですよねえ(笑)。そういう時、僕もちょっと大人げなく感情が出てしまって。「別に微笑み封印したわけじゃないんですけど」なんて言ってしまったり(笑)。
ーーそうされたらライターの聞くことは変わります?
赤堀 いや、変わりようがないですよね、だってルーティンで、何も考えてきてないんですから(笑)。表層的な演技しか出来ない役者と同じです。
ーーこれは2007年に上演された作品の映画化ですが、抽象的だった舞台装置に対して、映画になった時、当たり前ですが、オールロケでものすごいリアル。クライマックス、土砂降り、ぬかるみの中で、堺さんと山田さんを対峙させるのは映画ならではです。表現に映画と舞台の違いを感じましたか?
赤堀 よく、映画と演劇の違いは何ですか?と聞かれて、その質問自体を否定しているわけではなくて(笑)、僕自身は、あまり何も感じてないです。演劇やってる時も、台本書いてる時も、そこが抽象のセットにしても素舞台にしても、ものすごく具体的に描写を想像しながら書いているんですね。例えば「アパートの一室」っていうト書きがあったにしても、それがどういう一室なのか、質感であったりとか空気の感じだったりとかを明確に自分の中でビジョンを浮かべながら書いています。それは演じる時も自分の中では考えて演じているんです。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2012年11月16日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース