bit

欧州版ポッキーは日本とこんなに違う!?

ポッキーは欧州でも身近なおやつだ。スーパーへ行くと必ずお菓子コーナーに並んでいる。ただし商品名は「ポッキー」ではなく「ミカド(MIKADO)」。1982年にグリコがフランスで設立した合弁会社の元で生産を始めたお菓子だ。ミカドという名前は、色の塗られた竹ひごを使うゲーム「ミカド」から名付けられたという。同じポッキーでも日本のものと欧州のものでは違うのだろうか。そこでポッキーとミカドを食べ比べてみた。

ポッキーの公式サイトによれば、現在売られているポッキーはチョコレート、チョコブラン、極細、かさね抹茶、ミディ(ぽってりショコラ)、ミディ(ぽってりイチゴ)、つぶつぶイチゴ、アーモンドクラッシュ、アーモンドクラッシュ(宇治抹茶クッキークランチ)、パンダ(クッキー&クリーム)、いちごの11種類(地域限定品など除く)。

一方で、ミカドを扱う仏菓子ブランド「LU(リュ)」の公式サイトによれば、ミカドのフレーバーはブラックチョコレート、ミルクチョコレート、ホワイトチョコレート、カシューナッツ、キャラメル、キングチョコ、キングチョコ(ヘーゼルナッツ)の7種類だ。

ポッキーには「チョコレート」のみのカテゴリーがあるが、ミカドにはそのようなものはなく「ブラックチョコレート」もしくは「ミルクチョコレート」に分類されるので、今回は日欧ラインナップの中から最も一般的なポッキーの「チョコレート」と後者の2品「ブラックチョコレート」「ミルクチョコレート」を主に比べてみた。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュースランキング

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク