review

「いらっしゃいませ」と言えない中国人とイトーヨーカ堂、苦闘の記録

「いらっしゃいませ」と言えない中国人とイトーヨーカ堂、苦闘の記録
『「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂』湯谷昇羊・著/新潮文庫<br />2010年10月にダイヤモンド社より刊行された『巨龍に挑む』を、2012年の尖閣デモを含めて改稿した文庫版。著者の湯谷昇羊はダイヤモンド社で編集として勤め、現在はフリーの経済ジャーナリスト。中国進出に挑むイトーヨーカ堂の企業戦士たちの奮闘を記録した熱血ドキュメンタリーである。現地従業員にも芽生える愛社精神は、全店一斉休業で行われた成都ヨーカ堂大運動会で発揮される。一致団結して会社のために尽くすその姿は現在の日本からは失われつつある光景かもしれない。
『「いらっしゃいませ」と言えない国 中国で最も成功した外資・イトーヨーカ堂』は、10年以上にも及ぶヨーカ堂中国進出を記録したノンフィクションだ。
海を挟んだ隣国とは言え、日中間には非常に大きな文化の違いがある。そこには想像を絶する苦難の連続と、それを乗りこえていくスタッフたちの知られざるドラマがあった。


【日本鬼、死ね、帰れ】

1997年、イトーヨーカ堂は1号店出店のために現地従業員を1000人ほど集めたのだが、開店前の研修で200人が脱落した。
まず、挨拶が出来ない。研修ホールにあつめられた中国人従業員。壇上で日本人の教育スタッフが言う。
「接客六大用語を大きな声で言ってみましょう。私に続いて唱和して下さい。『歓迎光臨(いらっしゃいませ)』」。
静まりかえる会場。誰も唱和しない。
「恥ずかしい」「疲れる」「お客さんだって驚いて逃げる」
信じられない理由で拒否する従業員たち。日本人スタッフがいなくなった隙に大脱走をはかる。挙句の果てには、ホワイトボードに旧陸軍の兵隊の絵と共に「日本鬼、死ね、帰れ」と落書きされるありさまだ。
そもそも共産圏の中国では配給制度の名残があるために、店側は「売ってやっている」という意識が強い。「お客様は神様」の日本とは正反対だったのである。


【中国に染まれ、ただし染まりすぎるな】

中国という国の現実の前に、開店にこぎ着けるのも一筋縄にはいかない。
商品の買い付けすら満足にできなかった。詐欺会社ではないかと疑われ、不良品を押し付けられた。卸した冷凍鮮魚は水増しされており、解凍すると形が無くなった。トラックで商品を輸送中、田舎道に大木が倒れていたこともあった。自称村人がどこからともなく現れて、「どかしてやるから金を寄こせ」。こんな山賊まがいの者まで出没する世界。ヨーカ堂ブランドも、日本の常識も、一切通用しなかった。

あわせて読みたい

  • Androidは買えるけどiPhoneは無理『中国絶望工場の若者たち』

    Androidは買えるけどiPhoneは無理『中国絶望工場の若者たち』

  • ネット右翼は、本当の意味での右翼ではない

    ネット右翼は、本当の意味での右翼ではない

  • 中国、フランスの歴史教科書で日本はどう扱われているのか

    中国、フランスの歴史教科書で日本はどう扱われているのか

  • マンガの中国人はなぜ「私◯◯アルよ」と話すのか 〈『日本人の知らない日本語』著者インタビュー前編〉

    マンガの中国人はなぜ「私◯◯アルよ」と話すのか 〈『日本人の知らない日本語』著者インタビュー前編〉

  • レビューの記事をもっと見る 2013年4月17日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら