『解+』という本は、秋葉原無差別殺傷事件(2008年)の犯人である加藤智大が事件をふりかえった本『解』のアップデート版だ。『解』についても以前エキレビで紹介した

「アップデート版」というのも、彼は「『解』を全面的に書き直そうとしたが間に合わなかったので『解+』を書いた」としているからだ。

前回よりも丁寧に、自身の誤認や考えが至らなかった部分、混乱していた側面も改めながら事件について書いている本書。まず、全12章の構成がすごい。

1章〜9章:事件の説明を始める前に(1)〜(9)
10章:私が起こした事件について
11章:事件が起こらなかった可能性を考える
12章:事件を未然に防ぐには

完全に「かったるい構成」にしてある。彼はマスメディアや世間、元をたどれば検察などの「誤解や思い込み」にうんざりしているのだ。その上で「ちゃんと読む人」のみに説明する態度を示している。

凶悪事件が起こって犯人が見つかると、必ずワイドショーが犯人をモンスター化する。

「親の虐待」「祖父の死」「動物いじめ」「テレビゲームに熱中」などなど、モンスターの生まれた理由とモンスターの行った悪行を犯人の写真にくっつけてビジネス用のコンテンツにする。

そんな単純なはずはないのだが、忙しい世間の人たちには、このコンパクトなサイズのドラマが広まりやすい。みんな忙しいのだ。忙しいけど、理解したような感じで悪を論じて叩きたい。そんな感じかもしれない。