review

中2病全開がむしろかっこいいバンド「蟲ふるう夜に」

中2病全開がむしろかっこいいバンド「蟲ふるう夜に」
バンドは蟻(Vo.)、慎乃介(Gt.)、郁己(Dr.)、春輝(Ba.)のシンプルな4人編成。(写真:粂井健太)
■12曲で物語を紡ぐ、壮大なアルバム

「ご主人がうごかない もう5日になります」
そんな不気味なフレーズで始まる「犬」という曲。おそらくは死んでしまった主人のかたわらで、ずっと付き添い、状況が理解できずに泣き続ける飼い犬の心情が歌われている。この曲を作った“蟲ふるう夜に”というバンドが、ちょっとおもしろい。

まず説明すると、女性ボーカルの蟻(あり)を中心とした4人組。特徴的なバンド名の由来は「メンバー全員がムシケラみたいな存在だったから」ということらしい。蟻は両親が離婚し、車が大破する事故に合い、高校のクラスでは女子が自分ひとりという不遇の時代を過ごし、音楽に目覚めて専門学校に通うため上京。しかし今度は貧乏すぎて部屋を借りられず、公園やネットカフェで生活して過ごすことになる。そういった過去の経験を糧に「暗闇の中の光 弱さの中の強さ」というテーマに至り、バンドを組んで活動をスタート。だが、彼女は今でも、自分たちの曲以外はまったく音楽を聴かないそうだ。

そして、7月17日に配信&レンタル限定でリリースされた「蟲の声」というアルバムも変わっている。前作「蟲の音」から続く“蟲”シリーズ3部作の第2章と位置づけられていて、収録された12曲が一連の物語となっている。人になった蟲が、人間の世界を体験し、ある少年と出会い…といった具合だ。
曲でストーリーを語る手法は、極端な例で言えばミドリカワ書房が思い浮かぶし、BUMP OF CHICKENにもRADWIMPSにもミスチルにも似たような曲はある。ただ、この作品はアルバムを通してひとつの物語となっているのが特徴で、シリアスな場面や激情のシーンを経て、クライマックスに向かっていく。12曲を通して、映画や小説を体感するような作品だ。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年7月19日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース