bit

現役忍者も“自称”忍者も大歓迎! 「全日本忍者選手権大会」とは

現役忍者も“自称”忍者も大歓迎! 「全日本忍者選手権大会」とは
水上歩行器で池を渡る「水蜘蛛の術」のコース。衣服をぬらさずに、いかに早くコースを移動できるかがポイント。
「忍者の里」としておなじみの三重県伊賀市と滋賀県甲賀市の市長同士が手裏剣で対決しちゃったり、イベントでは甲賀発の忍者のゆるキャラ「にんじゃえもん」が活躍。伊賀、甲賀両市でそれぞれ「忍者検定」が行われるなど近年は何かと忍者ネタが熱い。

そんな中、手裏剣投げや水上走りなど忍者としてのスキルを競う「全日本忍者選手権大会」なる大会が行われるとの噂を聞いた。
実はこの大会、今年でなんと30回目を迎える歴史ある大会。主催の「忍術村」は、広い敷地内に忍者関連資料の充実度では世界No.1を誇る忍術博物館や、からくり忍者屋敷などを擁する施設だ。代表の北澤さんに大会の見どころなどについて聞いてみた。

――忍者選手権はどんなきっかけでスタートされたんでしょうか?
「開園の1周年を記念して1983年に行ったのがはじまりだったんですが、園のイベントの一環として定着しましたね。年によって参加人数はまちまちですが、定員が100名なのでのべ3000人前後の方に参加していただいている計算になります。ギャラリーの方はもっと多くて、毎年コースの沿道はお客さんでごった返していますよ」

――リピーターで参加される方が多いんでしょうか?
「今年はそれほどでもないんですが、例年全体の3分の1くらいはリピーターの方ですね。実は募集開始日は公表していなくて、タイミングを見てパッと出しているんですよ。それでも2週間くらいでいつも定員になってしまいます。今年もかなり早くワクが埋まってしまいまして……」

あわせて読みたい

  • 伊賀忍術の継承者が教える“忍者エクササイズ教室”

    伊賀忍術の継承者が教える“忍者エクササイズ教室”

  • 10月開催、「伊賀流手裏剣打選手権大会」

    10月開催、「伊賀流手裏剣打選手権大会」

  • コネタの記事をもっと見る 2013年9月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら