ますますハイテンションで絶賛放送中のテレビアニメ「キルラキル」第3話放送目前!
クリエイターインタビュー、3人目は「キルラキル」でシリーズ構成・脚本を担当する中島かずきが登場。
「キルラキル」の企画当初の秘話から今後の展開のヒント、そして「天元突破グレンラガン」のエピソードなど、またまたおもしろい話がてんこ盛り!
そして今回からクリエイターインタビューには、「キルラキル」大好きなたまごまごさんからの質問コーナーを追加しました!

生理的に合うと思った今石洋之監督との仕事

───今石さんとの出会いをお聞かせください。
中島 「Re:キューティーハニー」(BD-BOX絶賛発売中)のときです。その仕事はまったく別の流れで話がきたんですけど、第1話の監督を務めていたのが今石さんだったんです。実際、僕も脚本を書いたのは1話だけだったんですが、そこで初めて一緒に仕事をしたら、生理的にすごく合う感じがしたんです。
───具体的にどのあたりですか?
中島 多分テンポじゃないですかね。「劇団☆新感線」でいのうえひでのりと一緒にやっているわけですが、なかなか彼のようにしっくりくる演出がいなくて。でも今石さんとやったときにすごく楽しいなって思ったんです。お互いしっくりきた。だから今石さんに、「また何かをやることになったら一緒にやりましょうね」とお話をしていて、それが「天元突破グレンラガン」(以下、グレン)だったんです。そして「グレン」で非常に手応えを感じて、「グレン」が終わったところで「また一緒にやろうね」ってなって、「キルラキル」にいたるわけです。「キルラキル」の企画そのものは「グレン」が全部終わったあたりからボチボチ話していましたね。

この記事の画像

「あの1話でむしろ薄いんです「キルラキル」シリーズ構成・脚本の中島かずきに聞く1」の画像1 「あの1話でむしろ薄いんです「キルラキル」シリーズ構成・脚本の中島かずきに聞く1」の画像2 「あの1話でむしろ薄いんです「キルラキル」シリーズ構成・脚本の中島かずきに聞く1」の画像3