review

流行を追いかけても仕方がない、むしろ無視「キルラキル」プロデューサー・鳥羽洋典に聞く1

流行を追いかけても仕方がない、むしろ無視「キルラキル」プロデューサー・鳥羽洋典に聞く1
キルラキル<br />(C)TRIGGER・中島かずき/キルラキル製作委員会<br />(7話より)
7話放送目前!話題沸騰のテレビアニメ「キルラキル」の制作陣インタビュー、5人目はアニプレックスの鳥羽洋典プロデューサー。「キルラキル」の話はもちろん、プロデューサーのお仕事などもたっぷり聞きました。今回も前編・後編でお届けします。

企画を聞いてすぐに「おもしろくなる」と思った

───「キルラキル」にはいつからかかわっていたんですか?
鳥羽 実はもうドアタマから一緒だったんですよ。「天元突破グレンラガン」(以下、グレン)の劇場版「螺巌篇」の最後の仕上げをしていたときに、「もう一回、今石(洋之)さんと中島(かずき)さんでやりましょう」ってことをおふたりにはずっと言い続けていて。ただ、今石さんはその後「パンティ&ストッキングwithガーターベルト」(以下、パンスト)があったので終わるまで待ちつつで。中島さんも舞台など他のお仕事が忙しかったんで、どこがタイミングかなっていうのをはかっていたんです。
───おふたりともお忙しいですもんね。
鳥羽 ただ、このまま立ち消えになるのは怖かったので、定期的に今石さんと中島さんが話す場を作りました。なるべく月に一回はふたりが会って話すみたいなことをやり続けて。作品の話やそれとは関係のない話、雑談なんかをして。「さあ企画会議をやりましょう」という感じにしても出てこないと思うので、何回も会ってどうでもいい話をいっぱいしていく中で、芽が出ていくという感じです。
───鳥羽さんはその話を聞きつつ準備をしていく感じですか?...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2013年11月14日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース