bit

「銭湯お遍路」でノスタルジックに気分転換

「銭湯お遍路」でノスタルジックに気分転換
ジョギングやウォーキングがてらの銭湯巡りはちょっとした気分転換にぴったり。<br />(C)素材屋Hoshino(http://www.s-hoshino.com/)
自宅の近所を散歩していて、普段まったく通らない路地にひょいと入ってみたら、古い銭湯を発見したことがある。案内の看板も出ておらず、ネットで検索してもHPすらない小さな銭湯。レトロ建築好きの筆者としては、宝物を見つけたような気分だった。

風呂無し物件が激減して年々減少の一途をたどっている銭湯だが、ランニングで汗をかいた人たちが利用するようになったり、関東近郊の銭湯を中心に親しまれている壁面の“ペンキ絵"が希少なアートとして注目されるようになったこともあり、近年はその魅力が見直されつつある。銭湯を巡っては風呂の種類やペンキ絵の特徴などをレポートする“銭湯ブロガー"なる人々が現れるほどだ。

東京都内の約700軒の銭湯が加盟している東京都公衆浴場業生活衛生同業組合では、こうした銭湯ファンのために、さまざまな試みを行っている。先に挙げたランニングや都内散策と銭湯を組み合わせて楽しんでいる人のために実施しているのが「銭湯お遍路」。

入浴するたびに、組合のHPなどで入手できる“巡礼スタンプノート"にスタンプを押してもらい、26浴場のスタンプが貯まったら「26浴場達成認定証」をもらえる。ちなみにこのノートには最高88個のスタンプが押せるが、これをクリアして組合本部にノートと認定料(1000円分の郵便為替)を送ると、「銭湯お遍路達成認定証」と「ゆ」マークのオリジナルバッジが返送されてくる。

同組合事務局の上地さんに尋ねてみたところ「銭湯お遍路では26浴場以上の達成者の名前(ペンネームも可)を組合のHPに掲載させていただいていますが、すでに廃業した銭湯を廃業前に巡られている方で、達成軒数が880軒を超えている方が数人いらっしゃいます。2巡目以上の方もいらっしゃいますね。達成者の世代はまちまちですが、最近は比較的若い方も多いようです」とのこと。八十八箇所ならぬ880湯(!)なら、駅から歩いて巡るだけでもかなり健康になれそうだ。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース