bit

「道ばたのエロ本」はどこへ消えたのか

「道ばたのエロ本」はどこへ消えたのか
かつては道の真ん中に、エロ本が無造作に落ちていたものだった
小学生の頃、道ばたや公園にエロ本が落ちていたら大騒ぎになったものだった。読んだところで何が何だか分からないのだが、「普段、絶対手に届かないものがすぐそばにある」という特別感は、簡単に小学生のテンションを上げる。年末に行われた、小学校の同級生たちとの飲み会でも、やっぱり“道ばたのエロ本”の思い出話で大いに盛り上がった。ある関西の知人は「あの頃のエロ本は、ほんまに“通貨”やった」としみじみしながら語っていた。多くの人が「路上でエロ本に出くわす」経験をしたことがあるだろう。実際手にとって読んだかは別として。

しかし、普段あまり人目につかないよう、人々から細心の注意を払われているエロ本が、なぜあんな風に白昼堂々とその姿をさらけ出していたのだろうか。今思うとなかなかおかしな光景である。そんなわけで私は“道ばたにエロ本”現象の謎について、自分なりに解明してみることにした。

街を漂流するエロ本
おそらくエロ本も、はじめはひっそりと公共のゴミ箱や、ゴミ回収場所に捨てられていたはずだ。いくらなんでも、堂々とポイ捨てする人はいないだろう。しかし、それを目ざとく見つけたホームレスのおじさんや小中学生の手により、外の世界に引っ張りだされてしまったのではなかろうか。そして彼らは読んだあと、どこかにこっそり置いてくるだろう。拾ったものを古紙回収に出すとは考えにくい。すると、また見つけた誰かに拾われて読まれる。そのうち雨に濡れてボロボロになって、ページが風で吹き飛んだりする。そうやって流れ流れて、道ばたに辿り着いたのではないだろうか。つまり、海辺の漂着物のような存在なのだ。

あわせて読みたい

  • 日本のラブホテル文化がついにフランスへ上陸

    日本のラブホテル文化がついにフランスへ上陸

  • 毛深い人が好き!? フランス人のエロティズム事情

    毛深い人が好き!? フランス人のエロティズム事情

  • 廃刊休刊が多いのに、雑誌が続々創刊される理由

    廃刊休刊が多いのに、雑誌が続々創刊される理由

  • コネタの記事をもっと見る 2014年1月24日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース