ドラマ「孤独のグルメ」Season4はとにかく五郎が歩く。料理もさることながら旅番組らしさが強調されているのだ。例えば第3話「神奈川県足柄下郡箱根町のステーキ丼」を思い返して欲しい。仕事を終えた五郎は箱根の地図を手に入れた後、「道草こそ、旅の醍醐味だ」とけもの道っくな散歩道を歩き回る。さらに地図を見て温泉に行きたくなり、ブランコに乗り、腹が減る。お店の看板に従って行こうとするも迷い、歩き回る。

第5話「愛知県知多郡日間賀島のしらすの天ぷらとたこめし」では、依頼人の山下にふりまわされる。港に行けば日間賀島に行ったと言われ、日間賀島西港のチケットセンターに行けば東港の民宿に行ったと言われ、民宿に行けばしらすやに行ったと言われ(ここで美脚のたこをちょっとつまむ)、しらすやに行けば観光ホテルに行ったと言われる。その間をレンタル自転車で五郎は走り回るのだ。

そうして五郎が走り回ることで、より「腹が、減った」という台詞に飢餓感が生まれる。と同時に、その土地の光景を見て回る旅番組のような効果も出ているのだ。それはさながら、自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」で、レースを見ているはずなのだけれども気がつけば美しいフランスの景色を楽しんでいるような。今回は特に自転車で島内を走り回っていたし。

だからこそ、Season4では今までのように関東近郊中心ではなく、遠出する回が多いのではないだろうか。5話の日間賀島もそうだし、9日(土)には博多出張スペシャルが放映される。

この記事の画像

「旅番組としての「孤独のグルメ」考察。島中を自転車で走り回ってからの「腹が、減った」」の画像1 「旅番組としての「孤独のグルメ」考察。島中を自転車で走り回ってからの「腹が、減った」」の画像2