review

月食の余韻に浸ったまま読みたい明治浪漫マンガ『月に吠えらんねえ』

月食の余韻に浸ったまま読みたい明治浪漫マンガ『月に吠えらんねえ』
10月8日は月食。「月」ネタはどうしたって文系オタクの妄想をかきたてる。月食の翌日に読みたい明治文学イメージ漫画『月に吠えらんねえ』、ロマンがあふれています。
10月8日の夜、皆既月蝕(月食)が見られた。文系オタク女なのでテンションが上がり、月の写真を撮りまくった。
文系×月ネタの鉄板といえば、「月が綺麗ですね」。夏目漱石が「I love you」のニュアンスを訳したと言われるものだ(実はソースはあいまい)。それと同じくらいグッとくるのは、明治生まれの詩人・萩原朔太郎の1作目の詩集「月に吠える」

萩原朔太郎の序には、こうある。

〈過去は私にとつて苦しい思ひ出である。過去は焦躁と無為と悩める心肉との不吉な悪夢であつた。
 月に吠える犬は、自分の影に怪しみ恐れて吠えるのである。疾患する犬の心に、月は青白い幽霊のやうな不吉の謎である。犬は遠吠えをする。
 私は私自身の陰鬱な影を、月夜の地上に釘づけにしてしまひたい。影が、永久に私のあとを追つて来ないやうに。〉

ウッ……かっこいい!!
萩原の才能を見出した北原白秋の序も寄せられている。

〈萩原君。
 何と云つても私は君を愛する。さうして室生君を。〉

んっ???(前のめり) 「室生君」とは、萩原の親友であった室生犀星のこと。この時代にはよく見られることではあるのだが、萩原と室生、そして北原の関係は、どうしたってドキドキする。

「月刊アフタヌーン」で連載中の清家雪子の漫画『月に吠えらんねえ』は、まさにそのドキドキのエッセンスをすくいとった作品だ(※BL漫画ではない)。コミックス1巻は4月に刊行されており、2巻が10月23日に発売を予定している。...続きを読む

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る 2014年10月9日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース