review

「信長協奏曲」は「なりすまし」の物語だ。2話をレビュー

「信長協奏曲」は「なりすまし」の物語だ。2話をレビュー
『信長協奏曲 』1 石井あゆみ/小学館ゲッサン少年サンデーコミックス 
2014年の日本から、戦国の世にタイムスリップした高校生サブロー(小栗旬)がカルチャーショックを受けながら、織田信長として生きていく姿を描くドラマ「信長協奏曲」(フジテレビ月曜21時〜)。この枠初の時代劇ながら概ね好評のようだ。

10月20日放送の第2回は、サブローの妻・帰蝶(柴咲コウ)の父・斎藤道三(西田敏行)も実は、戦国にタイムスリップしてきた人物だったことがわかる。
城の中で、学ラン姿の小栗と警官の制服姿の西田が、ポテトチップを食べながら語り合うシーンは、時代劇のセットにたたずむ現代人ふたりという奇妙な雰囲気。着物の世界では、学ランと制服姿のほうがコスプレっぽいのだということに改めて気づかされた。まあ、現代でも、制服はコスプレっぽいか。

それでなくても、奇想天外なタイムスリップもの「信長協奏曲」は、コスチュームプレー感が漂っている。時代劇の扮装、所作が、どうにもコスプレっぽい。ところが、西田敏行が、警官の格好をしながらも、ユーモラスな表情とシリアスな表情を自在に切り替えながら、生き残るために様々な手を使ってきて、本心を他人に気取られずに細心の注意をはらってきたしたたかな男の姿を鮮やかに演じてみせる。すると、あらあら不思議。強烈な説得力があり、最後の最後で明かされる道三の真意が強く心に刺さる。

道三が実は現代人だったことは、石井あゆみによる原作漫画(小学館「ゲッサン」連載中)にもあるエピソードだが、ドラマのほうが、道三が戦国武将になりすましていることを原作以上に厚めに描いている(脚本・西田征史)。

あわせて読みたい

  • 大泉洋が明智光秀に。織田信長から徳川家康までを2時間で一気に! アクション時代劇「WARRIOR」

    大泉洋が明智光秀に。織田信長から徳川家康までを2時間で一気に! アクション時代劇「WARRIOR」

  • 小栗旬は天下を獲れるか「信長協奏曲」

    小栗旬は天下を獲れるか「信長協奏曲」

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2014年10月27日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「リリー・フランキー」のニュース

    次に読みたい関連記事「リリー・フランキー」のニュースをもっと見る

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら