bit

牛乳・豆乳に続く、第3のミルク! 玄米からつくる“ライスミルク”を飲んでみた

以前、コネタで“ジンジャーエール味の豆乳”をご紹介したことがあります。ミルクって、今や多種多様! 変わり種が、続々登場する時代です。

と思いきや、またもやの新境地。キッコーマン飲料株式会社は5月1日、新たなミルクを発売します。牛乳・豆乳に続く“第3のミルク”と呼ぶにふさわしい新ミルク、その名も『キッコーマン 玄米でつくったライスミルク』(税別200円/希望小売価格)の登場です!
原材料は、国産玄米のみ。お米が本来持つほんのりと甘く香ばしいやわらかな味が特徴で、砂糖や甘味料は不使用だそう。
牛乳・豆乳に続く、第3のミルク! 玄米からつくる“ライスミルク”を飲んでみた
“第3のミルク” の原料は、国産玄米! 玄米の香りがするし、玄米みたいな香りがする。

いや、唐突過ぎて驚きました。何しろ“第3のミルク”という謳い文句が、大胆過ぎて。さて、なぜこのようなミルクを開発しようと考えたのでしょうか?
「キッコーマン飲料は、野菜飲料や豆乳など『食べ物を飲み物に』している会社です。当社では5年以上前から、日本人にとって古くて新しい健康食品である『玄米』を手軽に摂れる飲み物ができないか、検討・開発を重ねて参りました。その結果、キッコーマングループの主力商品のひとつであるみりんの製造で培った技術を応用し、“ライスミルク”が完成しました。海外で作られている“ライスミルク”の多くは玄米以外の原料(ひまわり油、食塩など)が使用されていますが、『キッコーマン 玄米でつくったライスミルク』の原料は国産玄米のみです」(担当者)

キッコーマン飲料が応用したのは、本みりんの醸造で培った「糖化」(でんぷんなどの多糖類が、少糖類や単糖類に分解されること)の技術。玄米が持つ甘みを引き出すことにこだわったそうです。

あわせて読みたい

  • お米のジュース『ライスオーラ』はどんな味? 牛乳・豆乳に次ぐ"第3のミルク"

    お米のジュース『ライスオーラ』はどんな味? 牛乳・豆乳に次ぐ"第3のミルク"

  • 牛乳や加工乳、料理に向き・不向きはある?

    牛乳や加工乳、料理に向き・不向きはある?

  • 牧場の牛乳がやたらと濃くて美味しい理由

    牧場の牛乳がやたらと濃くて美味しい理由

  • 冬は濃くなる!? 牛乳の味

    冬は濃くなる!? 牛乳の味

  • コネタの記事をもっと見る 2015年3月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース