review

蜷川幸雄はなぜ俳優を脱がせるのか。「リチャード二世」主演、新鋭・内田健司に聞く1

今年80歳になる演出家・蜷川幸雄は昨年、香港公演中に倒れ緊急帰国、しばらく入院していたが、退院後ややペースを落としながらも止まることなく演劇をつくり続けている。
蜷川幸雄はなぜ俳優を脱がせるのか。「リチャード二世」主演、新鋭・内田健司に聞く1

いまは藤原竜也主演の「ハムレット」は台湾公演を行ったばかり、5月にはそのロンドン公演が控える。
4月5日からは、次世代の若者たちで構成されたさいたまネクスト・シアターのメンバーとつくる「リチャード二世」が開幕。
さいたまネクスト・シアターは結成から7年、公演のたびに、まるで春、一夜にして桜が咲き誇るような清冽な驚きをもたらしてくれている。
「リチャード二世」も、稽古場で様々なトライを積み重ねてできあがりつつある中、主役・リチャード二世役に抜擢された新鋭・内田健司に密着取材してみた。
「内田けんじ」という監督がいるが、彼は「うちだけんし」と読む。前述の「ハムレット」にも出演、ハムレット亡きあと、次世代を担う王子フォーティンブラスを演じている。この役、これまで蜷川演出ハムレットでは、成宮寛貴、小栗旬などが演じ、それをきっかけに蜷川作品で大役を演じるようになっているという登竜門的役だ。
その役を演じた内田も既に14年の「2014年・蒼白の少年少女たちによる『カリギュラ』」ではカリギュラ、シアターコクーン公演「太陽2068」では前田敦子扮する少女に奇妙につきまとう青年役、香港、パリ公演を行ったさいたまゴールド・シアター「鴉よ、おれたちは弾丸をこめる」でも老人たちの孫世代の青年と重要な役を次々と演じていて、今後に期待がかかる存在。

あわせて読みたい

  • 斎藤晴彦の才「日本のアングラ演劇」3

    斎藤晴彦の才「日本のアングラ演劇」3

  • 蟹江敬三、斎藤晴彦……名優たちの伝説

    蟹江敬三、斎藤晴彦……名優たちの伝説

  • レビューの記事をもっと見る 2015年4月2日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら