bit

“民主主義の国“アメリカが見る沖縄 映画『沖縄 うりずんの雨』米国人監督インタビュー

沖縄の占領の歴史、基地問題について正面から描いたドキュメンタリー映画『沖縄 うりずんの雨』が地味なドキュメンタリー映画としては異例のヒットを続けている。
人々の関心の高さがうかがえるが、日本でも基地問題については「アメリカに返却すべきだ」という人もいれば、「中国の脅威が増えているのだから基地は安全保障上大切だ」という人もいる。ではもう一方の当事者、アメリカ人はこの問題をどう思っているのだろうか?

「残念ながらあまり関心は高くありません」
そう言うのは同映画の監督、ジャン・ユンカーマンさんだ。前編でも触れたとおり、ユンカーマンさんは75年に沖縄に半年住んで以来、この問題に大きな関心を寄せた。自身もアメリカ人であるユンカーマンさんの母国を見る目は厳しい。
“民主主義の国“アメリカが見る沖縄 映画『沖縄 うりずんの雨』米国人監督インタビュー
映画『沖縄 うりずんの雨』。沖縄の占領・基地問題を、大田昌秀元知事を始め日米両国関係者の証言と、貴重な資料映像で正面から取り扱ったドキュメンタリー映画。岩波ホールを皮切りに、全国順次公開予定。

「アメリカ人の中には元々沖縄をトロフィー(戦利品)として考えているところがありました。基地の面積が必要以上に広いことや、基地の名前に"キャンプ・シュワブ"などアメリカ兵の英雄の名前をつけているところからもわかります」
とはいえ戦後から70年経ている。1995年の沖縄米兵少女暴行事件や、2004年の米軍ヘリ墜落事件のように完全に日本の主権を踏みにじるような事件を経て、先の知事選では完全に普天間の辺野古移設に対してNOの民意が出ている。この民意を”民主主義の総本山”を自認するアメリカ自身はどう考えているのだろうか?

「確かに独立戦争によって生まれたアメリカはルーツの部分で民主主義を大切にする部分があります。しかし実際にはベトナム戦争、イラク戦争と民主的な手続きを経ている政権を、正当な理由なく攻撃しています」

あわせて読みたい

  • 沖縄県が学力向上に成功した理由

    沖縄県が学力向上に成功した理由

  • お麩の食感がおもしろい沖縄ラスク

    お麩の食感がおもしろい沖縄ラスク

  • 沖縄の銘菓"の"の字まんじゅう

    沖縄の銘菓"の"の字まんじゅう

  • 北海道か沖縄か? ロイズ石垣島とは

    北海道か沖縄か? ロイズ石垣島とは

  • コネタの記事をもっと見る 2015年7月5日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース