bit

アニメの現場で30年 やまだたかひろが語るメカニカルデザインの魅力と難しさ

アニメの現場で30年 やまだたかひろが語るメカニカルデザインの魅力と難しさ
『メカニカルデザイン解体新書』(玄光社)は、本日7月29日発売!
お台場の「ダイバーシティ東京プラザ」に行った際、必ず目にするのが建物前にそびえ立つ、実物大のガンダム立像。先日出かけた際も、その存在感に圧倒されつつ、子供の頃に見たアニメのロボットが現実にいるという、ちょっと不思議な感覚を改めて味わったところでした。そんななか、ロボット関連の気になる本が発売に!
メカニカルデザイナー&アニメーターとして活躍している、やまだたかひろさんの著書『メカニカルデザイン解体新書』です。

本書は『マシンロボシリーズ』『エルドランシリーズ』『勇者王ガオガイガー』『バトルスピリッツシリーズ』など、やまださんがデザインしたロボットや武器、乗り物の設定資料をもとに、デザインの考え方やテクニックを解体したもの。早速、やまださんご本人にお話をうかがいました。


制作7カ月「30年分の蓄積をできるだけ」


まず、完成した本について率直な気持ちを。
「おかげさまで本年が画業30周年に当たりまして、デザイン画集のお話をいただいた時は大変嬉しく思いました。出版の玄光社さんから、メカニカルデザインに興味のある人やメカニカルデザイナーになりたい人向けの本にしたいと聞きまして、この際ですから、30年分の蓄積をできるだけ収める事ができたら……と考えました。今は感無量です。作業は大変でしたが、編集の平山さん、瀬川さんやご尽力いただいた方々のおかげで完成できました。本を1冊創ることの大変さを実感できたのは貴重な体験でした」

あわせて読みたい

  • 79歳にしてまだまだ続く! 藤子不二雄(A)先生の“まんが道”

    79歳にしてまだまだ続く! 藤子不二雄(A)先生の“まんが道”

  • 昔の秋田書店「大全科」シリーズが濃すぎる

    昔の秋田書店「大全科」シリーズが濃すぎる

  • マンガ・ドラマの「2番手の男」に惹かれる理由

    マンガ・ドラマの「2番手の男」に惹かれる理由

  • コネタの記事をもっと見る 2015年7月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース