1998年のデビュー早々から「平成の歌姫」「女子高生のカリスマ」として、絶大な影響力を発揮してきた浜崎あゆみ。ただし、このデビューに「エイベックスからの出直し」という注釈が付くのは、90年代アイドル事情に明るい方ならご存知のはず。
「浜崎あゆみ」前夜の黒歴史、あなたはどこまで知っていますか?

「浜崎くるみ」としてドラマデビュー レイプされる役どころに


地元・福岡でのキッズモデルが原点である浜崎あゆみ。当時は「浜崎くるみ」名で活動していた。銀行ポスターに起用されるなどローカル活動を続けながら中学を卒業。その後は上京し、芸能人御用達としてお馴染みの堀越高校に入学。本格的に芸能活動をスタートしている。

ドラマデビュー作となったのは、1993年4月放送開始のテレビ朝日系学園ドラマ『ツインズ教師』。月曜夜8時のドラマの割に過激な「性描写」が売りであり、浜崎あゆみもチーマーにレイプされるショッキングな役どころとなっている。

デビュー作で共演した長瀬智也と交際スタート!?


ちなみに、同じくクラスメイト役を演じた菅野美穂や佐藤藍子、宝生舞、そして、後に熱愛が発覚するTOKIOの長瀬智也もこの作品がデビュー作だ。そう、この後幾度となくメディアを賑やかす2人の交際は、このドラマでの共演がきっかけなのである。
当時の浜崎は無名グラビアアイドルで、長瀬はジャニーズJr.所属の下積み中。ともに14歳の2人は若気の至りか、打ち上げの席で2人揃ってサプライズの交際発表をしたそうだ。問題は、それを聞いた某共演者が号泣したと言われていること。