90s

最高値は38万円!? 狂乱のナイキ・エアマックス95ブームを振り返る

もともとスポーツ用品として生まれ、現在では人々の足元に欠かせない存在となったスニーカー。さまざまなブランドがしのぎを削るなかで、男女問わず根強い支持を集めるのがナイキだ。90年代後半に日本で巻き起こったハイテクスニーカーブームは、ほぼナイキブームとイコールだったと言っても過言ではない。

社会現象化した「エアマックス95」


なかでも1995年末に発売された「エアマックス95」は、木村拓哉や広末涼子、内田有紀ら当時のセレブリティがこぞって着用したことから、1996年に入って人気が爆発。正規取扱店には「今日エアマックスの入荷があるらしい」といううわさだけで行列ができ、1人1足までの販売制限や抽選販売もザラ。翌日には個人経営のショップやフリーマーケットなどで数万円上乗せして転売されることも珍しくなかった。
特に人気だったのは黒とグレーにネオンイエローの刺し色が入ったファーストカラー、通称「イエローグラデ」。高値で転売できたことから、このシューズを履いた少年たちが襲われる「エアマックス狩り」という物騒な流行語も生まれた。

最高額は? エアマックスの値上がり


結局、定価1万5000円のエアマックスはいくらまで値上がりしたのだろうか? 『東京スニーカー史』(立東舎より3月25日発売)の著者で、ストリートファッション誌『Boon』(祥伝社)で長くライターを務めてきた小澤匡行さんに話を聞いた。
「私が当時の関係者に取材した範囲では、
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク