90s

「休日はアニメかマンガ」栗山千明は芸能界屈指のオタクだった!

金曜ドラマ『不機嫌な果実』に主演として体当たりで演技をしている女優、栗山千明。アクティブなイメージがあるが、「休日は家でアニメを見ているか、マンガを読んでいるか」というインドア派だ。
5歳から芸能事務所に入り、ティーン雑誌でモデルとして活躍していたが、女優に転身。アジアンビューティーなビジュアル、『バトルロワイヤル』の演技がクエンティン・タランティーノ監督に見初められ、映画『キル・ビルvol.1』でハリウッドデビューも果たした。

近寄りがたいイメージがあるが、実はオタクも認める“ガチオタ”。いったい、どれほどのオタクなのだろうか。

クールビューティーな容姿に似合わない“ガチオタ”な栗山千明


栗山の趣味は、マンガにアニメ、ゲーム、読書で、お風呂で半身浴をしながら本や漫画を読んでいると数時間が過ぎて、出ようと思いつつ一気に一冊読んでしまうこともあるそう。
テレビ番組で自宅を公開した際は、漫画本がぎっしりの本棚、美少女系のフィギュアを飾っているガラスの棚が紹介された。

女性がマンガ好きというと少女マンガをイメージするが、「少女マンガより、少年&青年漫画のような非現実的な話の方が好き」と語っている。
お勧めのマンガ、アニメは唯一少女マンガではまった『ぼくの地球を守って』をはじめ、『AKIRA』『時をかける少女』『侵略!イカ娘』『黒執事』『けいおん!』『ああっ女神さまっ』『GANTZ』などを挙げている。

漫画喫茶も好きで、新作はまずマンガ喫茶に行って下調べしてから買うかどうかを決めるという。アニメを見る時はエンドロールもしっかりチェックするので、制作会社なども詳しい。声優の林原めぐみと石田彰のファンでもある。好きな本として、『新世界より(貴志祐介著)』と『物語シリーズ(西尾維新著)』といった、アニメ化されているライトノベルを紹介したこともある。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

90s チョベリーの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

90s チョベリーニュースランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る
お買いものリンク