s90

「人生送りバント」で長嶋巨人を支えた男・川相昌弘【プロ野球世紀末ブルース】

「人生送りバント」で長嶋巨人を支えた男・川相昌弘【プロ野球世紀末ブルース】
芸能ニュースを超えた社会的事件扱いで、スポーツ新聞が連日検証を重ねる「SMAP解散」報道。
結成当時は名もなき少年だった彼らが、それぞれドラマやバラエティ番組においてピンで主役を張れるスーパーアイドルへと成長した。実績を積み、年齢を重ね、地位と名声を得て自我が芽生え、気が付けばメンバー全員アラフォー男性だ。当然、芸能人として、さらに1人の男として各々やりたいことが変わってくるだろう。
その過程で周囲を巻き込み、何らかのズレが生じたところで責めることはできない。いつの時代もグループはチームワークである。それぞれの役割があり、絶妙のバランスで成り立っている。野球だって全員4番バッターを並べたところで勝てるわけじゃない……と90年代に長嶋監督が教えてくれた。

今思えばチーム編成が無茶苦茶だった巨人


今思えば、90年代中盤から後半の巨人チーム編成は無茶苦茶だった。
市場に出た大物選手には片っ端からアタック。FAで獲得した落合博満を4番に据え日本一に輝いた94年のオフには、ライバルチームのヤクルトから広沢克己とジャック・ハウエルを獲得。加えて前年メジャーで打率.333、15本塁打を記録したシェーン・マックというバリバリの現役大リーガーを年俸4億円で連れてきた。
今で言えば、ヤクルトからバレンティンと畠山和洋を獲得し、その上MLBオールスタークラスの外野手を来日させるような荒技だ。さらに96年オフには、清原和博(西武)や石井 浩郎(近鉄)といったパ・リーグを代表する強打者も巨人へ。ついでに台湾で打率.375を記録した「台湾球界のイチロー」ことルイスも獲得。翌年のドラフトでは、慶応大のプリンス高橋由伸が逆指名入団。ファンですらドン引きしちゃう貪欲補強。

あわせて読みたい

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

90s チョベリーニュースアクセスランキング

90s チョベリーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

90s チョベリーとは?

90年代~00年代の芸能ニュースやヒット曲、懐かしの流行やギャル文化を考察し、当時の写真付きでお届けします。

その他のオリジナルニュース