1996年、NHK大河ドラマ『秀吉』で、主演俳優・竹中直人の男性器が修正なしで放送されてしまうという珍事が発生した。しかもスタッフがたまたま修正し忘れたのではなく、NHKは映っていることを知っていてそのまま放送したのだから前代未聞だ。

第1話で発生した露出事件


事件は放送初回の第1話で発生する。大仁田厚が演じる蜂須賀小六が、ふんどし一丁の秀吉を担ぎ上げた瞬間だった。ふんどしの横から竹中のイチモツが露出したのだ。一瞬の出来事ではあったが、誰の目にもはっきりと映し出されていた。

当時はまだインターネットが普及していなかったため、ネット上で話題騒然といった事態はさけられた。しかし放送翌日、全国の職場・学校・家庭は「あれは見えていたよね?」という話題で持ちきりとなった。

そしてここで、視聴者にひとつの疑問が発生する。竹中の横チンが無修正で放送されたのは、自分の目で見たのだからおそらく間違いない。でもNHKが陰部をボカシなしで放送することなど本当にありえるのだろうか?
生放送でのトラブルなら理解できる。しかし大河ドラマはNHKの顔ともいえる看板番組であり、撮影した映像をスタッフが細かくチェックし編集してから放送しているはずだ。無修正で映っていることなど信じがたい。じゃあ私の見た暴れん棒は幻だったのか? 空想上のおいなりさんなど存在するのか?

露出事件の真相をチーフプロデューサーが語る


真相解明に立ち上がったのは写真週刊誌『FRIDAY』だった。『FRIDAY』は、「NHK『秀吉』で露出したアブナイ画像」という特集を組み、『秀吉』チーフプロデューサーへの取材に成功した。