bit

足先だけ冷えて眠れないのはなぜか、睡眠の専門家に聞いてみた

足先だけ冷えて眠れないのはなぜか、睡眠の専門家に聞いてみた

布団に入った後、なぜか足の先だけがとても冷たくて眠れないことがある。このとき体はどういう状態なのか、そしてなぜ足だけが冷えるのか、その対処法を睡眠の専門家に聞いてみた。

なぜ足の先がとくに冷たくなるのか


今回、話を聞いたのは、快眠プランナーの塚島早紀子さん。まずは、冬の寒い時期に、人の皮膚の表面が冷たくなる理由を教えてもらった。

「人は、気温が変化しても血液量を調整し、汗を出すことで体温を一定に保っています。特に寒い冬は体温を一定に保つために、血管を縮めて血液の量を制限することで、皮膚の温度を下げて体内の熱を外に出しにくくします。そのため、皮膚の表面が冷たいと感じやすくなります。また、不規則な生活が続くと自律神経が乱れ、脳から体温調整の命令がうまく届かないことも、体が冷えたままになる原因の一つです」

では、皮膚の表面の中でも、とくに足先が冷たくなるのはどうしてなのだろうか。

「足先は、心臓から遠いため、血液が流れにくい場所だからです。身体の中で熱が作られても、熱を循環させてくれる血液の流れが悪いとうまく運ばれていきません。血液は、心臓や内臓など生命の維持のために重要な場所から熱を運ぶのも足先がとくに冷えを感じやすい原因の一つです。また、常に足先が冷えている場合は、体温調整がうまくいっておらず、身体の中で熱を作りにくくなっていることも考えられます」

足先はもともと熱が運ばれにくいため、冷えやすい部位というわけだ。それに加えて、自律神経の乱れなどの要因が重なれば、足先の冷えは深刻になるようだ。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク