review

又吉直樹原作ドラマ「火花」7話。漫才の素人ウケと玄人ウケの違いってなんだ

客ウケと玄人ウケ


自分のやりたいことを貫くというのは、言い換えれば自己満足。客に寄せるというのを言い換えれば、サービス精神が旺盛。どちらが良くて悪いとかはない。しかし、徳永はやりたいことを貫く事に憧れた。その言葉を地で行く神谷の生き様に憧れた。

客ウケと玄人ウケの違い、それは単純にわかりやすさと考えて良いと思う。客ウケとは素人ウケのこと。素人は、わかりやすいものが好きだ。反対に玄人は、分かりづらいものが好きだ。

特に男に多いかもしれない。本当に本当に愚かなことなのだが、「素人くさいものが好きなんてダセー」「通ぶって賢いフリしてんじゃねー」という醜い争いがどのジャンルにも少なからず存在する。自分の立場を肯定するため、表面上では戦わなくとも、心のどこかでちょっと思ってしまう。いや、本当にカッコ悪いことなのだが。

徳永は、ただの“なりたい人”


神谷にはそれがない。自分は自分という部分をハッキリと持っている。もしくは、そう見せる事に長けている人だ。徳永にとっての神谷は“全ての答えを持っている人”。カッコイイ自分を貫く人に見えているの当然の事だ。

神谷に憧れている時点で徳永は、“自分のやりたいことを貫く人”ではなく、“自分のやりたいことを貫く人になりたい人”になってしまっているのかもしれない。だから大事な本番でポップなボケに流れてしまったのではないだろうか。それが皮肉にも、神谷を上回る3位入賞のきっかけになるが、矛盾だらけのこの結果に、徳永は不満そうだった。

徳永は、不本意な形ながら師匠と崇めるあほんだらを置いて先にチャンスを掴んだ。二人の距離はさらに離れていってしまう。今夜放送の8話では、神谷がとんでもない行動に出る。ここから徳永の本当の葛藤が描かれる。

(沢野奈津夫@HEW)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

火花

火花

又吉直樹の小説が原作のドラマ「火花」レビュー一覧

2017年4月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。