bit

外国人落語家・桂三輝さんに聞く、日本と海外で落語の反応に違いはあるの?

外国人落語家・桂三輝さんに聞く、日本と海外で落語の反応に違いはあるの?

昨年の11月24日から3日間、ロンドンにて日本の食や文化を扱ったイベント「ハイパージャパン」が開かれた。最終日、会場内にあるステージでパフォーマンスのトリを務めたのが、カナダ人落語家・桂三輝(サンシャイン)さんだ。

三輝さんは六代桂文枝さんに弟子入りし、その後、外国人落語家として国内外で公演を行ってきた。日本の伝統芸能である落語が海外に出たときに、何か違いは生じるのだろうか? ロンドンで三輝さんにお話をうかがった。
外国人落語家・桂三輝さんに聞く、日本と海外で落語の反応に違いはあるの?


落語の笑いは万国共通?


――ハイパージャパンへの出演は2014年に続き2回目。今回はニューヨークからロンドンに来られたそうですね。
じつは米オフ・ブロードウェーで行なっている3週間公演の真っ最中なんです(記者注:取材時の11月)。今回はその合間を縫ってロンドンへ来ました。

――現在の活動の中心は海外ですか?
今はロンドンとニューヨークの公演が多いです。以前はロンドンにも住んでいたこともありますし、現在はニューヨークへ引っ越し、オフ・ブロードウェーを活動の中心にしています。

――今回のハイパージャパンでは、日英の「挨拶」を比較した小話や、英訳した『寿限無』を披露して、会場を大いに沸かせていました。各国でユーモアのセンスは変わると思いますが、国によってネタは変えるのでしょうか?
じつは落語は万国共通なんです。日本と英語圏の笑いのセンスを比べれば、基本的なところではすごく違うとは思いますが、落語についてはロンドンの人々の前でやる英語の落語と、日本人の前でやる日本語の落語は、私の中では全く同じです。これからニューヨークに行くから落語をニューヨーク・モードにする、ということはしていません。話もすべて直訳します。

ただし、公演する国によっては話を切り込む角度は変えます。私はよく日本と海外の文化を比較した話をします。その場合、日本ではカナダ人から見た日本の話をして、カナダでは日本人から見たカナダの話をするといった具合です。視点は変えますが、笑いの種類は結局一緒。どこへ行っても同じテーマを使い回せる、非常に効率の良いネタの作り方だと思いませんか?(笑)。
外国人落語家・桂三輝さんに聞く、日本と海外で落語の反応に違いはあるの?


――笑いの「間」はどうでしょうか。違いはありますか?
これは英語圏の中でも異なります。例えば、ロンドンとニューヨークの劇場を比べても「もう少しここを強調する」とか「ここで間を入れるとノリが良くなる」というのは、国によって違いますね。これは芸人としての、高座に上って肌で感じることですから、今はうまく説明はできません。まだまだ経験が浅いので、10年後に同じ質問をもう一度聞いてください。その時は今よりも、うまく話せると思いますよ!(笑)。

あわせて読みたい

  • とんこつ中心のロンドンで塩が人気

    とんこつ中心のロンドンで塩が人気

  • 厚切りジェイソン、日本称賛番組に苦言 すごくない日本文化に感動求められる

    厚切りジェイソン、日本称賛番組に苦言 すごくない日本文化に感動求められる

  • 外国人からみた日本の働き方

    外国人からみた日本の働き方

  • ネコに魅入られた落語家の猫写真

    ネコに魅入られた落語家の猫写真

  • コネタの記事をもっと見る 2018年1月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    > 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース