review

山田孝之や小栗旬の笑いの才能を開花させた監督・福田雄一の新作は恋愛映画

いま最も笑えるコメディ映画やドラマをつくると絶対的な信頼を集める福田雄一監督が、山田孝之と長澤まさみのW主演作『50回目のファーストキス』(6月1日公開)でピュアなラブストーリーに挑んだ。笑える部分もたくさんあるが主軸はラブで、クライマックスはほんとうにロマンチックでキュンとなる。オリジナルの洋画(2005年に『50回目のファースト・キス』として日本で公開)の主役を日本人に置き換えた作品とはいえ、いったいなぜラブストーリーなのか聞いてみると、福田の作品が多くの観客に受ける理由が見えてきた。
山田孝之と福田雄一監督

日本人はアメリカ人より笑いに厳しい


──福田さんは原作ものの台本をかなり書き換えることで有名ですが、プレスによると、今回に限って最初はかなり元の映画どおりの脚本で、プロデューサーの要望で福田さんのカラーである“おもしろさ”が足されていったそうですね。
「元が良く出来た話だったので、構成は変えずに会話の内容を変えたり登場人物をだいぶ個性的ななキャラクターにしました。とりわけ原作のお父さん(佐藤二朗)はあんなに変なこと言わないし、原作の弟(太賀)もあんなバカじゃないし(笑)。あと、ウーラ(ムロツヨシ)もだいぶ様子のおかしい人になりましたが、それでいて、山田くん演じる弓削大輔への友情などは、『勇者ヨシヒコ』シリーズのファンの方をはじめとして、日本のお客様がちゃんと楽しめるような形にできたと思います。僕が脚本を書き換えるときは、だいたい脚本がわかりにくいときなんですよ。主にミュージカルですが。ミュージカルの台本はだいたいわかりにくい台本が多いので(笑)」

この記事の画像

「山田孝之や小栗旬の笑いの才能を開花させた監督・福田雄一の新作は恋愛映画」の画像1 「山田孝之や小栗旬の笑いの才能を開花させた監督・福田雄一の新作は恋愛映画」の画像2 「山田孝之や小栗旬の笑いの才能を開花させた監督・福田雄一の新作は恋愛映画」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク