review

今夜最終話「あなたには帰る家がある」子供に選ばれる親と選ばれない親の違いはとっさの人間性だった10話

真弓「この人は、あんたにはもったいない。私が幸せにします。太郎さんと、慎吾くんと、麗奈と私と、私たち4人で幸せになります」

6月15日(金)放送の金曜ドラマあなたには帰る家がある(TBS系列)。
まさか! と思うか、やっぱり! と思うか。真弓(中谷美紀)が茄子田(ユースケ・サンタマリア)を愛することを選んだ第10話。綾子(木村多江)が佐藤家に乗り込んできたときの台詞を思い出す。

綾子「これからは、ママとパパと麗奈ちゃんと慎吾と、4人で幸せに暮らしましょうね」

でも、麗奈(桜田ひより)は真弓を選び、慎吾(萩原利久)は茄子田を選んだ。綾子と秀明(玉木宏)は、こどもたちに選ばれなかったのだ。
今夜最終話「あなたには帰る家がある」子供に選ばれる親と選ばれない親の違いはとっさの人間性だった10話
イラスト/Morimori no moRi

「とっさの人間性」を積み重ねた説得力


綾子「あなたが嫌い」
真弓「はあ?」
綾子「嫌い。あなたみたいな女が、昔から。声が大きくて、スポーツが得意で、クラスの中心にいて、女子に人気で。あなたみたいなタイプに、よくいじめられた」

綾子の本来の姿を描いた10話。彼女の後ろ暗い過去は、かつて実の姉の夫と関係を持ったこと。そして、慎吾はその義兄との間にできたこどもであることだった。
この大きな問題と並行し、今回は、真弓たちの「本来の姿」を繰り返し見せた回だった。

とっさの行動には、その人本来の人間性が反映されているように見えるものだ。
あぜ道で動けなくなっている車を見かけ、自分が泥まみれになってもとっさに助けに入る茄子田。喧嘩をしていたはずなのに、姉に叩かれる綾子をかばってとっさに間に入った真弓。この2人の躊躇なさに好感が高まる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

エキサイトレビューの記事をもっと見る 2018年6月22日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

あなたには帰る家がある

あなたには帰る家がある

TBS系列ドラマ。中谷美紀をはじめ、玉木宏、ユースケ・サンタマリア、木村多江による「夫婦のあるある」と「妻の本音」がふんだんに盛り込まれた大人の群像劇。

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース