review

黒目がちな犬が長岡で待ってる『例の看板 フォトグラフ・コレクション』現物を見に行きたい、たぶん行く

その犬は、ツイッターを見ていたぼくの視界に、唐突に飛び込んできた。黒目がちで、ちょっと人恋しそうな犬。ビーグル、チワワ、ヨークシャーテリアの三匹。

ツイッターには可愛い犬や猫の画像がたびたび流れてくるが、それは写真ではなかった。絵だ。ペンキで描かれた看板の絵だ。新潟県長岡市と、その周辺地域に掲示された、とあるペットショップの宣伝看板。これを撮影し、コレクションしたのが『例の看板 フォトグラフ・コレクション』である。

今年の夏コミ(コミックマーケット94)は、2018年の8月10日から12日までの3日間で開催された。『例の看板〜』は、そこで頒布された自費出版物らしい。らしいというのは、コミケが終わってから、ツイッターのタイムラインに流れてきたリツイートで、その存在を知ったからだ。

迂闊だった。コミケに行く習慣がないので完全に見逃していたが、どう考えてもぼくの好物である。ぜひ手に入れて読んでみたい。あれこれ調べるうちに、作者である新稲づなさんのアカウント(@plus6et)を突き止めてコンタクトした。ご本人から通販を委託しているサイトを教えてもらい、無事に購入することができた。

長岡の田園風景を彩る松田三連星


地方の県道をドライブしていると、ロードサイドに掲示された看板に目を引かれることは多い。神は見ているでお馴染みの「キリスト看板」、由美かおるの美脚が悩ましい「アース渦巻き」、元気ハツラツ「オロナミンC」。「松田ペット」の看板も、そんな景色のひとつなのだろう。ぼくは長岡を旅したことがなかったので、松田ペットの存在はこれまで知らずにいた。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク