review

作詞者の命日に「まんぷく」で福子が歌った『「リンゴの唄」の真実』軍歌のはずだった?

先週火曜、11月13日に放送されたNHKの連続テレビ小説『まんぷく』の第38回では、ヒロインの立花福子(安藤サクラ)が、夫の萬平(長谷川博己)の経営する「たちばな製塩」の従業員たちに喜んでもらおうと慰労会を企画、そこで当時(1946年)のヒット曲「リンゴの唄」の歌詞を英訳して歌うシーンが出てきた。「リンゴの唄」はその前週、11月10日の第36回にも登場、このときは塩づくりの作業中に不平を言う従業員らに対し、萬平が歌いながらやろうと提案、自ら大声で歌い出したのだった。

ちなみに、福子が「リンゴの唄」を歌った11月13日は、奇しくもこの歌の作詞者である詩人のサトウ・ハチローが1973年に70歳で亡くなった命日であった。
「まんぷく」レビュー一覧はこちら

現実にも存在した「リンゴの唄」の英訳


「リンゴの唄」は、1945年10月に公開された松竹映画『そよかぜ』(佐々木康監督)の挿入歌だった。先述のとおりサトウ・ハチローの作詞、万城目正の作曲によるこの歌は、劇中、主演の並木路子(当時24歳)がうたい、同年12月には翌年の正月新譜としてレコード(並木と霧島昇による録音)が発売され、戦後初のヒット曲となった。レコード発売からまもなくして1946年1月にNHKラジオで始まった『のど自慢素人音楽会』では、男女問わず出場者の多くがこの歌をうたったという。
作詞者の命日に「まんぷく」で福子が歌った『「リンゴの唄」の真実』軍歌のはずだった?
永嶺重敏『「リンゴの唄」の真実 戦後初めての流行歌を追う』(青弓社)。著者は1955年生まれの出版文化・大衆文化研究者。カバー写真は並木路子が主演して「リンゴの唄」を歌った映画「そよかぜ」より

最近刊行された永嶺重敏『「リンゴの唄」の真実 戦後初めての流行歌を追う』

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「作詞者の命日に「まんぷく」で福子が歌った『「リンゴの唄」の真実』軍歌のはずだった?」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    >驚いたことにサトウは、「リンゴの唄」はもともと軍歌としてつくったとも打ち明けていた。  歴史的な真実ですね。

    1
  • 匿名さん 通報

    どちらも正しい気がする。素案なり材料の一部がすでに戦中にあった。戦後一つの歌として結実した。

    0
  • 匿名さん 通報

    「Oh! This is a red apple.I'll caress him with my lips」のどこが「直訳」なんだよ!頭大丈夫かこのライター。

    0
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュース

次に読みたい関連記事「あさが来た」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュース

次に読みたい関連記事「ごちそうさん」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「とと姉ちゃん」のニュース

次に読みたい関連記事「とと姉ちゃん」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年11月18日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。