review

「なつぞら」25話。なつ、いきなりプロポーズされる

さらにそのあと、泰樹が「言ってもいいか」と言い出し「え、おじいちゃんまで」となつが渋い顔をして、おじいちゃんまで告白? と思ったわけはないだろうけれどなんか笑えた。あと、ナレーションのウッチャンが番長の告白に驚き「私も忘れます」と父の気持ちになっているところも可笑しかった。父も番長を認めることはできなかったか。
泰樹は天陽くんとなつの関係を気にしているが、なつは私たちはそんな関係じゃないと否定する。たしかに、
なつが干し草の積まれた馬車のうえに座っているポーズがやけにたくましく、まだ恋という概念が彼女にはないのかもしれないと思わせた。
それにしても長男の照男を差し置いてなつに牧場を継がせたいと考える泰樹。照男がおとなしいからいいものの血がつながっていたって骨肉の争いになりかねない話である。
長女の夕見子は北大文学部に進学するつもり。家の手伝いはいっさいやらず家に縛られたくないという夕見子。
なつのことを気遣っているのかなあという気もしないでないが、半分はなつがいて自分が家の期待に応えなくて済むというのも本音ではないだろうか。とにかく柴田家はみんないい人たち。

信哉がやって来た。
東京に行った天陽の兄からなつへと絵の道具が送られて来た。なつはそれをもって牧草地で絵を描いていると……東京から信哉が訪ねてくる。第一話の冒頭に出て来た青年であり、東京大空襲のときなつを助けた恩人だ。
これで第一週第一話に話がつながった。いよいよここから本筋に入っていくというときじつにタイミングよく、平成最後と令和最初を跨ぐことになる。

この記事の画像

「「なつぞら」25話。なつ、いきなりプロポーズされる」の画像1 「「なつぞら」25話。なつ、いきなりプロポーズされる」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「連続テレビ小説」に関する記事

「連続テレビ小説」に関する記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「なつぞら」

朝ドラ「なつぞら」

NHK「連続テレビ小説」100作目の記念作品。戦争で両親を失い父の戦友に引き取られた戦災孤児の少女・奥原なつが草創期の日本アニメの世界でアニメーターを目指す姿を描いた。主演は広瀬すず。2019年4月1日〜9月28日放送。

お買いものリンク