review

「エール」53話 金にもの言わす裕一に弟は反発。お父さんの命があとわずか? どうなる古山家

第11週「家族のうた」53回〈6月10日 (水) 放送 作・嶋田うれ葉 演出・松園武大〉


53回はこんな話

裕一は福島の実家で凱旋祝をしてもらい、過去のわだかまりが解けたかに見えたが、弟の浩二(佐久本宝)の態度は冷たく、三郎は病を抱えていた。

お父さんが病気

裕一の凱旋祝の席で「俺の才能を受け継いたんだ」とはしゃぐ三郎。「歌手か役者にって言われたこともあったんだ」と三郎が自慢すると、音が笑う。なぜ、そこで笑う。笑って盛り上げるという高度な技術を用いているのかもしれないが、失礼と感じる視聴者もいると思うぞ。

一方、姑・まさには殊勝な嫁っぷりを発揮する音。宴会終了後、音がまさの洗い物を手伝いながら「華を生んでから義母さんがどれだけ裕一さんを思っとったかわかった気がします」と言ったことで、母をリスペクトしていることがわかる。

翌朝、ようやく母の味噌汁(具だくさんで白味噌?)の味も学べ、姑と嫁の仲は良好。もしかしたら、義父には多少毒をもって接してもかわいがられることがわかっていて、義母にはひたすらおとなしく接したほうがいいという音の知恵か。

姑の子供を思う気持ちはわかった音だが、舅の、見栄を張りたい、おどけたい気持ち(木枯の「男のやせ我慢〜♪」ってやつ)はわかっていなそうな音だったが、カラダの調子が悪そうなことには気づいていた。三郎が「ウッ」とかなり大層に痛がっていたから気づかないほうが問題である。

まさから「胃潰瘍」だと聞き、心配になった音は、裕一にしばらく福島にいないかと提案する。

二階堂ふみはちゃんとたすきがけもできるし、皿も洗いながら他者の話を聞き、重要なところでは手を止めるという感情と動作の関係性がうまくコントロールできている。優秀な俳優だなあと思う。

この記事の画像

「「エール」53話 金にもの言わす裕一に弟は反発。お父さんの命があとわずか? どうなる古山家」の画像1 「「エール」53話 金にもの言わす裕一に弟は反発。お父さんの命があとわずか? どうなる古山家」の画像2 「「エール」53話 金にもの言わす裕一に弟は反発。お父さんの命があとわずか? どうなる古山家」の画像3 「「エール」53話 金にもの言わす裕一に弟は反発。お父さんの命があとわずか? どうなる古山家」の画像4
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る

朝ドラ「エール」

朝ドラ「エール」

NHK「連続テレビ小説」第102作目のテレビドラマ。窪田正孝、二階堂ふみが、昭和の音楽史を代表する作曲家・古関裕而と、歌手としても活躍したその妻・古関金子を演じる。2020年3月30日~6月26日(放送中断)、9月14日〜11月28日放送。

お買いものリンク