review

ペニーワイズがビビらせ倒す ネトフリ『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

       
ペニーワイズがビビらせ倒す ネトフリ『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』

夏の終わりにぴったりな今作『IT/イット』

夏といえばホラー、お化け屋敷、怖い話……というのは、もう完全に風物詩になっている。しかし「夏のどのタイミングか」によって、それに合うホラーも違ってくるように思う。梅雨明けすぐ、さあ海や山に行って遊ぶぞという時期ならば、無軌道な若者が出かけていった先で惨殺されるような作品の方が盛り上がるだろう。お盆の時期なら、じっとりした怪談の方がマッチしているかもしれない。

で、季節は巡ってもう9月、楽しかった夏休み(今年はまあ、例年通りのスケジュールじゃなかった人も多いと思うけど)も終わっちゃって、暑いは暑いけど暦の上ではもう残暑扱い……。そんな時期に見るのは、やっぱりちょっと青春の終わりというか、一夏の冒険もおしまいというか、そんな作品が合うだろう。そんな気分にぴったりなのが、先日Netflixにて配信開始となった『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』である

ピエロ姿の悪魔ペニーワイズが半ばネットミーム化しているので、『IT/イット』シリーズのことはなんとなく知っているという人も多いはず。原作はスティーブン・キング。1990年にTV映画として初代『IT』が作られ、さらにそのリメイクとして2017年に『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』が公開。『IT/イット THE END』はリメイク版の続編かつ完結編として、2019年に公開された作品だ。

というわけで、『IT/イット』シリーズは前後編となっている。物語は1989年と27年後の2016年を描いており、主人公ビルと仲間たちの少年時代と中年にさしかかってからの時期が題材となる。

ペニーワイズは一度やっつけても27年おきに復活する

ビルは弟ジョージーを不可解な事故で失い、その原因を探ることに熱心な少年。そんな彼は仲のいい友人たちと地元のメイン州デリーで「ルーザーズ・クラブ」というチームを作って遊んでいた。地元のいじめっ子とトラブルになったり、内気で太めな転校生を仲間にしたり、いじめられっ子の少女と淡いロマンスがあったりしつつ、デリーで多発する行方不明事件の裏側を探るルーザーズ。

その真相には、人の恐怖と心の弱さにつけこむピエロ姿の悪魔"ペニーワイズ"が絡んでいた。少年たちは恐怖に震えながらも、ペニーワイズに立ち向かう……というのが第1作『IT/イット』の内容である。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年8月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。