review

京アニ『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 泣ける感動作が今なら過去作も一気見のチャンス

       
京アニ『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 泣ける感動作が今なら過去作も一気見のチャンス
大ヒット上映中の『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』公式サイトのトップページ。この画像はキービジュアルだが、サイトを開くと、最初に石立太一監督からのメッセージが表示される。ファンは必読

9月18日から上映が始まった『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』。2018年1月~3月に放送されたテレビアニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』(原作は、小説家・暁佳奈のデビュー作)から続いてきた大人気シリーズがフィナーレを迎えるということで、テレビシリーズからのファンは当然のように映画館へ足を運び、公開初日から大ヒットしている。

一方、泣ける感動作として高い評価を集める本作が気になってはいるけれど、テレビシリーズなどを観たことがなく、映画館へ行くのを躊躇している人もゼロではないはず。

しかし、大切な人へ想いを伝えることの意味を一貫して描いてきた本シリーズのファンで、公開初日に映画館でマスクをグショグショに濡らしてきた筆者としては、まだ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の世界に触れたことがない人にも、この機会に劇場で感動を味わってほしいと願っている。

シリーズを未見の人も、Netflixで一気見が可能

大陸全土を巻き込んだ大戦の最中、優秀な戦士として育てられ、感情を持たない兵器のように戦い続けた少女ヴァイオレット(後に、後見人からエヴァーガーデンという姓を与えられる)は、熾烈を極めた決戦の中、両腕を失ってしまう。その直後、彼女にとって最も大切な存在だった陸軍の上官、ギルベルト・ブーゲンビリア少佐も重傷を負い、生死不明のまま未帰還兵となった。

終戦後、ギルベルトの親友クラウディア・ホッジンズが経営する郵便社(民営の郵便局)で働くことになったヴァイオレットは、誰かの思いを手紙にして届ける「自動手記人形(ドール)」の職に就き、さまざまな依頼者と触れあいながら、その思いを機械仕掛けの義手とタイプライターで代筆。一流のドールへ成長するとともに、戦場でギルベルトから最後に伝えられたが、その時には理解できなかった「愛してる」という言葉の意味も少しずつ知っていく。

劇場版は、テレビシリーズなどの出会いや経験を経て、「『愛してる』も少しはわかる」ようになったヴァイオレットのその後を描いたシリーズ最終作。その物語を最大限楽しみたい人は、当然、劇場版へと繋がる物語をすべて観た後に映画館へ行くべき。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月20日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。