Netflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』 フレーム単位まで詰め込まれたこだわりとは―監督&プロデューサーインタビュー

Netflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』 フレーム単位まで詰め込まれたこだわりとは―監督&プロデューサーインタビュー
Netflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』 フレーム単位まで詰め込まれたこだわりとは―監督&プロデューサーインタビュー
       
ドラゴンに心臓を奪われ“覚者(かくしゃ)”として蘇った主人公が、広大な正統派ハイ・ファンタジーの世界観を旅するオープンワールドアクションRPG『Dragon’s Dogma』

2012年にカプコンより発売されシリーズ累計出荷本数530万本を誇る名作RPGが、この度、数々の3DCGアニメーションを手掛ける製作会社サブリメイションの手によってアニメ化。Netflixにて、9月17日より全世界独占配信がスタートしました。

今回はNetflixオリジナルアニメシリーズ『ドラゴンズドグマ』について、原作のプロデューサーでありアニメ版でも共同プロデューサーを務めるカプコンの小林裕幸氏、そしてアニメ版の監督であるサブリメイションの須貝真也氏にお話を伺いました。

本作の見どころから製作の裏側まで、キーマンのお二人にたっぷり語って頂いたスペシャルインタビューの模様をお楽しみ下さい。

「七つの大罪」をテーマに、オープンワールドの名作が3DCGアニメ化
──本日はよろしくお願いいたします。まずは原作ゲームがアニメ化に至るまでの経緯からお聞かせいただけますか?

小林裕幸(以下、小林) Netflixの櫻井さん(櫻井大樹プロデューサー)の方から「アニメ化したい」と企画書と共にオファーを頂いてプロジェクトがスタートしましたね。

カプコンとしても「是非やりましょう」となって、サブリメイションさんにアニメーションをお願いすることになりました。須貝監督が櫻井さんと以前からお知り合いだったんですよね?

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年9月17日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。