カバーされ続ける『今夜はブギー・バック』 それぞれの魅力

カバーされ続ける『今夜はブギー・バック』 それぞれの魅力
『ケトル VOL.48』(渋谷系特集号 太田出版)
まもなく平成から令和へと時代は移りますが、1994年のリリースから25年を経てもなお、様々なアーティストにカバーされ続けているのが、小沢健二さんとスチャダラパーがコラボした名曲『今夜はブギー・バック』です。

今、第一興商の提供するカラオケ機種「LIVEDAM STADIUM」に登録されている『今夜はブギー・バック』全13曲(良音・生音ver の重複を除く)のうち、小沢さんないしスチャダラパーが絡んでいないのは8曲。それぞれの曲を改めて聴くと、各カバーの個性が滲み出ています。

例えばKREVAさんのVer.(2006年)では、1番のAメロ歌詞だけ小沢さんのセルフカバー『今夜はブギーバック/ あの大きな心』仕様。トラックと歌い方に原曲愛を感じさせる一曲です。一方、TOKYO No.1 SOUL SET+ HALCALI Ver.(2009年)は、アップテンポなクラブアレンジが特徴。自動車のCMに起用され、なんとオリコン週間ランキング10位・着うたランキング7位を獲得しました。

他にも加藤ミリヤfeat. 清水翔太SHUNのVer. や、スチャダラパーの3人もメンバーに入るヒップホップグループ・THE HELLO WORKS×ハナレグミのコラボVer. もナイス。ライブ中のカバーなら、嵐の櫻井翔さんや宇多田ヒカルさんだって有名です。元ネタとされる『Give It Up TurnIt Loose』を作ったアン・ヴォーグだって、この現象にはビックリしていることでしょう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 小沢健二 twitter
  2. 小沢健二 ライブ
  3. 小沢健二 曲
小沢健二のプロフィールを見る
太田出版ケトルニュースの記事をもっと見る 2019年4月28日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「小沢健二 + 曲」のおすすめ記事

「小沢健二 + 曲」のおすすめ記事をもっと見る

「小沢健二 + ライブ」のおすすめ記事

「小沢健二 + ライブ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「倉木麻衣」のニュース

次に読みたい関連記事「倉木麻衣」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。